Hybrid "Sandpiper"

バードウォッチングの本質
新しいブログつくりました!

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます
このブログの順位もあがるかもわかりません、応援よろしくお願いいたします!



 ↓Please go to photos pages of species by click.

Species Index 


Special Thanks :photographer Mr.Tatsuo Ina
Photo copyright Mr. Tatsuo Ina ©, all rights reserved

こちらの画像は伊奈 達雄さんにお借りしました。ありがとうございました!


An apparent hybrid "Sandpiper" in Japan ,on 13th September 2013.

presumed Dunlin × Sharp-tailed Sandpiper.


Osaka Japan 2013年9月13日撮影
Hybrid presumed Dunlin × Sharp-tailed Sandpiper.

ハマシギとウズラシギの雑種と推定しています。

近年ハマシギとヒバリシギの雑種と思われる個体が観察されていますが、今回の
個体も一見似ているのだが異なる。

夏羽が残り少なくとも生後1年以上は経ている。

上背や肩羽に残る夏羽の模様(アメリカウズラシギ、ヒバリシギのパターンではない)、胸の縦斑はウズラシギの特徴がでているように思われ、
嘴が長い点、顔(目の位置、目と嘴との間隔がある)はハマシギの特徴がでているように思われる。


森岡照明さんにもご意見をお伺いしました。
同意見でハマシギとウズラシギの雑種と思われるということでした。



Osaka Japan 2013年9月13日撮影
Hybrid presumed Dunlin × Sharp-tailed Sandpiper.
この画像の、夏羽が摩耗した肩羽のパターンがウズラシギに非常によく似ている。
この羽のパターンでウズラシギが片親だと推測できました。(またアメリカウズラシギの
パターンではないとも。)

尾羽の端から初列風切が越えていますが、この2種の雑種を否定できる要素ではないと
みています。



Osaka Japan 2013年9月13日撮影
Hybrid presumed Dunlin × Sharp-tailed Sandpiper.






いろんな意見がでてくると思いますが、管理人は現時点ではハマシギとウズラシギの雑種が一番有力だと考えています。


もしこの組み合わせで間違いなければ世界で初の記録となると思います。
雑種に関しての記録をかなり調べましたがこの組み合わせは私の調べた範囲では前例がありませんでした。

今後の参考になると思い、伊奈さんに画像をお借りし公開させていただきました。
貴重な画像を快くお貸しいただけた伊奈さんに感謝いたします。
# by shorebirds-waders | 2014-04-18 22:21 | Mystery "Calidris" | Trackback | Comments(1)
< 前のページ 次のページ >