コシジロオオソリハシシギ Bar-tailed Godwit / Limosa lapponica menzbieri


徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます
このブログの順位もあがるかもわかりません、応援よろしくお願いいたします!

 ↓Please go to photos pages of species by click.
Species Index
今までの掲載画像一覧です!



c0071489_22313281.jpg

コシジロオオソリハシシギ
Limosa lapponica menzbieri
2007年9月12日
佐賀県大授搦

幼鳥                               juvenile

コシジロオオソリハシシギ 聞きなれない名前だと思いますが、独立種ではなく
オオソリハシシギの1亜種です。
以前から数回観察しているのですが、今回やっと確認できる画像が撮影できました。

和名がコシジロオオソリハシシギですが、腰はオオソリハシシギ L.l.baueriでも白っぽいのがいますので
下背が白っぽいか注意して観察してください。

念のため下記で取り上げていますHPの、ニュージーランドのPhil Battley 氏
オーストラリアの Danny Rogers 氏にも確認していただきました。
「menzbieriでまったく疑がいがなく、パーフェクトだ」とお返事いただきました。





<以下、以前徒然鳥日記で取り上げましたがほぼそのままこちらでも再掲載します。>

最近関心がもたれてきており、今後全国各地で観察されると思いますすので、オオソリハシシギの飛んでいる時、下背を注意してみてください。
白っぽいのですぐわかると思います。


まず通常オオソリハシシギは2亜種に分けられ、学者によったら3亜種に分けられるようです。
(最大では5亜種説)

L.l.baueri  日本に主に渡来している亜種  背はダーク 
      アラスカで繁殖しニュージーランド、東オーストラリアで越冬

L.l.lapponica  背は白い スカンジナビアで繁殖し ヨーロッパで越冬

L.l.menzbieri  この亜種が学者によったら追加される亜種背は上記亜種の中間lapponica に近く背、腰は白っぽい。東シベリアで繁殖し、北西オーストリアで越冬。この亜種が最近日本で観察撮影されるようになってきています。以前から渡来していると思いますが、あまり関心がもたれていなかったため見過ごされていたのではないかと思います。

分布については、今後も研究の余地があると思います。

日本鳥類目録改定6版よるとmenzbieri の記録があるようで宮古島、石垣島で記録があるようです。和名はコシジロオオソリハシシギ となっています。
日本ではおそらく3亜種説を採用していると思われます。

日本の古い大図鑑にも記載があります。
増補改訂版 日本鳥類大図鑑Ⅱ 清棲幸保  昭和40年

注意 一部図鑑でL.l.lapponica にコシジロオオソリハシシギと書かれていますが正確には、L.l.menzbieri がコシジロオオソリハシシギです。

日本で正式に記録があるのはL.l.baueri とL.l.menzbieri であり基亜種L.l.lapponica の記録はありません。
(もしかしたら稀に渡来しているかもわかりませんが、L.l.lapponicaの正式な記録はないということだけ知っておいてください)
稀に記録があるのはL.l.menzbieri です。




下背、翼下面がほぼ真っ白だと基亜種 L.l.lappponica の可能性が出てきますが、L.l.menzbieri は、白いながらも褐色の班点があり真っ白ではありません。


詳しい画像はこちらのサイトにあります。こちらのサイトの方とオーストラリアの方がこの亜種L.l.menzbieri について研究されています。 Study species にオオソリの亜種の記事があります。


Shorebird research in New Zealand and the East-Asian Australasian Flyway

Study species





日本での記録は、こちらのサイトに素晴らしい画像が掲載されています!

KX2_Birderさんのブログ  鳥・撮り・トリミング


koichi_78さんのブログ  風の色を探しに・・・ 



ちなみにもっと細かく亜種を分けている本もあります。「 Geographical Variation in Waders 」 では5亜種に分けられています。




c0071489_22314369.jpg


下背、腰が白く、黒い斑がある。この箇所が真っ白であれば、ヨーロッパのL.l.lapponica
の疑いがでてくるが、この個体は真っ白ではなく黒い斑があり、L.l.menzbieri (コシジロオオソリハシシギ)ということがわかります。
日本に通常渡来しているのは、L.l.baueri で下背は茶褐色でこんなに白くはありません。
飛翔をみればわかりやすいです。
私が観察したこの個体は、大胆にも?下背をわかりやすく見せてくれて休んでいたので
おやっとすぐ気づきました。


c0071489_0502576.jpg
c0071489_050344.jpg


c0071489_22315457.jpg






c0071489_2232318.jpg



c0071489_2254715.jpg
c0071489_226180.jpg
c0071489_2261245.jpg
c0071489_2262126.jpg
c0071489_2262842.jpg


もう一つ重要な識別点は、翼下面、脇羽です。ここもL.lbaueri と L.l.lapponica(基亜種)
との中間のはずで、白っぽいはずなのですが、撮影できませんでした。
これから観察する方は、是非、下背、腰、翼下面、脇羽 をチェックしてください。

まだまだこの亜種の情報は少ないので、どの位個体差があるのかもわかりませんので
注意深く観察しましょう!
撮影できた方は教えてください!
by shorebirds-waders | 2007-09-13 22:32 | (コシジロ)オオソリハシシギ | Comments(8)
Commented by KX2_Birder at 2007-09-16 21:55
shorebirds-wadersさん、
ようやく画像に収めましたね!(笑

コシジロというよりセジロにした方が
ピッタリくる感じですよね!
Commented by shorebirds-waders at 2007-09-16 23:10
KX2_Birder さん

こんばんは!
そうなんです、やっと撮影できました!
デジスコでは飛翔画像がかなり難易度が高いので諦めていたのですが、
背中おっぴろげて休んでいてくれたので!撮影できました!笑

本当に幸運でした~!!
フィールドにでるとなにかいいことがあるものですね~笑
Commented by kenzou at 2007-09-17 17:26 x
大授搦で撮影されたコシジロオオソリハシシギですが,休息,羽繕い,伸び,全身振い,飛び立ち等,この種の特徴を鮮明に捉えた11枚の画像は実に貴重ですね.

ある程度の図鑑類は持っていますが,この種の鮮明な画像が掲載されている図鑑は全くなく,これは助かりますね.俄然,オオソリを見る目が変わった私です.

それにしても,これだけの資料を観察,撮影できた管理人殿の幸運も見過ごせませんね.おめでとうございます.
Commented by shorebirds-waders at 2007-09-18 00:13
kenzou さん
コメントありがとうございます!
まだまだこのコシジロについえてはよくわからないことが多いです。
問題提起の部分が大きいです。menzbieri ,baueri ともにどの位バリエーションがあるのか?
今までこんな亜種がいることを知っている人は少ないと思いますので
掲載しました。
引き続き私も調べていますが、是非注意して観察してみてください。

下背、腰、だけでなく翼下面、脇羽も重要な識別点となるはずなので
それらを総合的に観察撮影してみてください。
Commented by ozok at 2007-09-20 07:27 x
ご無沙汰しています。コシジロオオソリは以前このサイトで存在を知り
意識はしていましたが例のNZからの発信機付の個体が
沖縄に飛来したときにその個体がもしかして思い
画像を確認したところどうやらコシジロらしいのではと。
学名まではわかりませんが標識つきなので間違いないと思います。
Commented by shorebirds-waders at 2007-09-20 08:24
ozok さん
おはようございます!
コメントありがとうございます!
衛星の発信機つきオオソリを撮影されたのは本当にすごいと思いました。
衛星の発信機つきの個体群はたしかL.l.baueri のなのでコシジロL.l.menzbieri ではなかったはずなのですが、ちょっと気になりますね。
Commented at 2008-09-25 07:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-09-21 09:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ニシトウネン(ヨーロッパトウネ... アメリカオグロシギ Hudso... >>