第一回表紙 キアシシギ

c0071489_22451557.jpg



 ↓Please go to photos pages of species by click.
Species Index
今までの掲載画像一覧です!




第一回目の記事です。
このブログは日本でみられるシギチドリ類限定の画像集です。
主にシギチドリの年齢識別(ageing)を試みたいと考えています。
年齢といっても、生後一年から一年数ヶ月程度です。
年齢識別ができるようになると観察に深みが増し、成鳥と幼鳥の渡りの時期の違い(秋の渡りでは、トウネンなどでは成鳥が先に渡来し幼鳥は後から渡来します。)が解ります。
また、一般的に難しいとされているシギチドリの識別能力も向上します。
普通種でも、完全な冬羽の観察は難しく、もしオバシギやキアシシギが冬季にみられたら充分観察する価値があります。(沖縄やオーストラリアではシギチの冬羽がみられます。私も一度は行きたいです!)
逆に夏羽が観察することが難しいシギチもいます、キリアイやコバシチドリの夏羽がでたら是非見たいものです!
普通種でも、成鳥、幼鳥、第一回冬羽、第一回夏羽なのか解ると楽しみが増し、バードウオッチングに飽きがきません!鳥の世界はまだまだ解らないことが多いのです!
私はシギチドリ類の各羽衣、夏羽、冬羽、幼羽など全ての羽衣を観察撮影したいと思っています。冬羽の観察はなかなか難しい種が多いですが。(越冬地でしか見れないことが多い為)
特にヨーロッパやアメリカなどに分布しないシギチ、世界に広く分布していても亜種が東アジアに限られる種は情報が少なく日本人が調べる価値が充分にあります。
ヨーロッパやアメリカに分布しているシギチドリ類は日本より数段調べられています。彼らは
東アジアに分布しているシギチドリ類の情報を知りたがっています。日本人はもっと世界に向けて情報発信していくべきだと感じます。インターネットでそういったことが可能になってきたので
もっと海外の方とも情報の共有ができればいいなーと思います。英語がある程度できなければなりませんが。私も英語勉強中です。(汗)




当サイトの見方のコツ
画像を見る際に、この画像はいつ撮られたものか日付をみて下さい、成鳥でも春と秋では 羽の摩耗具合や換羽状況がことなります。春の渡りの時の画像なのか、秋の渡りの画像なのか意識してみてください。
分布を意識してください。その鳥は世界規模でみるとどのような分布をしているのか、アメリカにはいるのか、ヨーロッパには?
このサイトは、シギチドリの年齢識別の問題提起ができればと考えています。ご自身で疑問をもって観察してみてください。きっと新しい発見があります。
羽衣を詳しく観察することにより、「なんだ普通種のキアシシギか~」というようなことは少なくなると思います。普通種でも詳しく観察することにより新しい発見がありますし、日本では普通種でも世界規模でみると希少種です。日本人が普通に見ることができるキアシシギを観察しないのはもったいないです。

分布に関して、例えば日本では普通種でも世界規模でみると希少種なのをいくつか列挙してみますと。
まずはトウネンです。トウネンはニシトウネンというそっくりな別種がいますから欧米の人も特に感心が高いです。類似種が多いですし。次にヒバリシギ、ウズラシギ、オバシギ、キアシシギ、ホウロクシギ、なども。
チドリでは、ムナグロ、イカルチドリ、ケリ、亜種で稀少なのはメダイチドリ、オオメダイチドリ
など世界的な分布から考えると、貴重なシギチが日本にはたくさん渡来しています。

シギチドリの第一回夏羽は資料も少なくわかっていないことばかりです。この辺をもっと興味をもってみる必要があると思います。
亜種に関して。亜種の識別はかなり難しいですが、みなさんが亜種に興味をもって活発に意見交換、議論することが亜種の解明に繋がると思います。
管理人もわからないことだらけです。みなさんと一緒に少しでもシギチドリのことがわかればと思っています。
一人でできることはあまりにもかぎられているので、もっと多くの方々に興味がもたれシギチの観察精度が増せばうれしいことです。そしてそれがまた保護にも役立てばなおさらのことです。


・シギチの年齢識別をするにあたって
→ まず基本的な換羽を覚えてください。
→鳥体各部の名称を覚えてください。

この二つは是非マスターしてください。そうするだけで格段にレベルアップできると私は思います。


シギチドリの換羽について
年齢識別をする上である程度換羽についての知識が必要になります。生まれたてのひなは、幼綿羽に覆われ、完全換羽により幼羽(juvenile)となります。次の第一回冬羽(1W)の換羽は部分換羽であり体羽のみ換羽し、風切、尾羽、内側中雨覆いは幼羽が残ります。次の第一回夏羽(1S)の換羽も部分換羽であり体羽のみの換羽、風切はそのままで一部の尾羽、雨覆い、三列風切を換羽します。そして次の第二回冬羽(成鳥冬羽、2W)でやっと全身の完全換羽となります。次の第二回夏羽(成鳥夏羽)の換羽は部分換羽であり、風切は冬羽のままで体羽のみの換羽です。
第二回夏羽(成鳥夏羽、2S)以後の換羽は冬羽への完全換羽と夏羽への部分換羽を毎年反復します。

・実際はかなり複雑で異なることがあります。
・部分換羽でも風切、雨覆い、尾の一部を換羽することがあります。
・多くの種では、第二回冬羽で成鳥冬羽となり、第二回夏羽で成鳥夏羽となります。(例外あり)
・第一回冬羽は部分換羽であり、風切、尾羽、内側中雨覆いに幼羽が残っており、これにより年齢識別ができます。
・第一回夏羽でも、風切は幼羽のままなのでかなり摩耗しているはずです。逆に成鳥は冬羽で全身換羽していますから風切は第一回夏羽よりも摩耗がすくないはずです。
・実際野外で観察すると、第一回冬羽は比較的わかりやすいですが、第一回夏羽はむずかしくなってきます。ただそのあたりが一番面白いところでもあり、観察撮影して記録に残すことが価値あるものとなります。
・第一回冬羽あるいは第一回夏羽の換羽で一部の種類のいくらかの個体は外側の初列風切を換羽するものがいます、
 キアシシギや、私はミユビシギでも確認しました。それが年齢識別のポイントにもなります。
 外側が新しく摩耗が少なく、内側の初列風切が摩耗しているので成鳥とは区別できます。
  1W → 1S (primaries contrast of old inners and new outres )
 成鳥ではこれと逆になりますから、成鳥は通常初列風切の内側P1から換羽していきますか 
 内側が新しく外側が古いはずなのです。



引用文献
BIRDER 1991 10
日本野鳥の会大阪支部ミニ野鳥教室 2003 .9.




鳥体各部の名称
c0071489_20204457.jpg


鳥体各部の名称は、年齢識別をするためには覚えるようにしてください。
どの羽に幼羽が残っているのか示すのにわからないとなかなか先に進めないからです。
もうこれは丸暗記です!笑
覚えるのに後ろから覚えると良いと思います。
尾羽→初列風切→三列風切→大雨覆→中雨覆→小雨覆→肩羽→上背という順番で。

翼を広げたら次列風切などもみえますからあわせて覚えるようにしてください。

通常、大雨覆、中雨覆、は一列、
小雨覆は複数列あります。
肩羽は5列あります。上段3列、下段2列あります。
シギチドリ類の場合、スズメ目の鳥と違って静止時次列風切は見えません。
肩羽が大きく特徴的です。





撮影機材は主に、デジスコです。KOWAのTSN824のスコープに、デジカメは、Nikonの4300、SonyのW1使っています。接眼レンズは50倍(TSE9W)と32倍(TSE14WB)を使っています。
21倍(TSE21W)、カシオZ750機材追加しました。



注意 年齢識別は管理人の現時点での、個人的見解によるものですので、今後年齢識別の情報、技術がませば変わる可能性があります。また、おもわぬ誤りもあると思いますのでご指摘頂けたら幸いです。
このブログはシギチの年齢識別の問題提起ができればと考えています。ご自身で疑問をもって観察してみていただければと思います。
記事も充分推敲されたものではなく、より良いものをめざして編集していきますので、ご容赦お願い致します。画像もいいものが撮れましたら差し替え、追加いたします。


人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2005-03-04 21:46 | はじめに | Comments(21)
Commented by fukino@kyoto at 2005-03-24 11:43 x
画像の一つ一つもすばらしく、とても参考になります。
これからも時々お邪魔したいと思います(^^)
Commented by shorebirds-waders at 2005-03-24 22:22
fukinoさんコメントありがとうございます!デジボーグを使われているのですね!すごい!
いつでもお立ち寄りください!
Commented at 2005-05-05 01:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 酢蛸入道 at 2005-06-04 22:19 x
美しい画像で、何とも言えませんね。ほっとします。
今後も一杯みせて下さい。私もシギチ大好きです。実はジシギが!!
Commented by shorebirds-waders at 2005-06-04 22:53
酢蛸入道さん こんばんは!
撮りためた画像がまだたくさんありますので頑張ってアップしていきます!またご笑覧ください。
某ジシギBBSでお名前は存じておりました、ジシギはさらに奥が深いですね。
Commented by 富士山麓 at 2006-08-28 21:06 x
SHORE BIRDS IN JAPANさん
初めてお邪魔いたします。
私はカメラもパソコンも始めて未だ1年半のお爺さんです。
このHPの写真と解説の素晴らしさに驚いています。
アオアシシギとコアオアシシギの見分け方が判らないので、探していましたら、ここにたどり着きました。
私の下手な写真を見て頂いて教えて頂きたいのですが、貼り付け方も判りません。素人の写真でも見て頂くことは出来るのでしょうか?。
Commented by shorebirds-waders at 2006-08-28 22:54
富士山麓様
コメントありがとうございます!!
私も趣味でシギチをみているだけですので、私でお答えできることであればご質問ください。ただこのブログは投稿で画像を貼り付けることができませんので、もしどちらか懇意にされている画像掲示板があればそちらに貼っていただき、教えていただいたらお答えできると思います。
或いはメールアドレスを教えていただいたらこちらからメールさしていただきます。ただここにアドレスを載せると不特定多数の人にみられますので迷惑メールなどくるかもわかりません。
他に何か良い方法が思いつかれましたらお教えください。

Commented by 富士山麓 at 2006-08-29 20:59 x
早速ご返事を頂きまして有り難う誤差居ます。
「小鳥のさえずるホームページ」管理人は大阪の方で「石井柾男」さんです。
私は「藤」と言う名前で上記のHPの掲示板にお世話になっています。
そのHPの掲示板でも、コアオアシシギの件は昨夜(28日)石井さんにも教えて頂きましたので、それをご覧になって頂くと在り難いとおもいます。
コメントは石井さんの掲示板でもSHORE BIRDS IN JAPANさんのこちらでも結構です。
メールアドレス等はこちらの「非公開コメント」は如何でしょうか。
Commented by 吉村  at 2006-09-08 13:50 x
4月26日、高松海岸にてフラッグを装着したオバシギを見つけました.その写真は、野鳥誌9月号”わたしのとっておき”で掲載されました。足環の数字を60倍の望遠鏡で、062 018と見ましたが,大野さんの掲示板で貴方のことを知り、オバシギの番号知っておられましたら、教えていただけないかと思いメール致しました.
Commented by shorebirds-waders at 2006-09-08 21:59
実家に野鳥誌があるので電話で父に聞いたのですが、右足脛に黄色いフラッグがあるのですよね?オーストラリアのバンダーの方にメールして聞いてみます。またわかればここにコメントいたします。
Commented by shorebirds-waders at 2006-09-10 23:07
吉村様
オーストラリアの方から返事がきました。現在オバシギのガイド番号は062だそうです。
足環の数字は3桁のガイド番号と5桁の数字が刻印されているようです。
ガイド番号は、先頭の2桁は足環のサイズ(鳥のサイズ)を現すそうです。オバシギの場合、オーストラリアではサイズ6
の足環、そのため先頭の数字は06となりその後の残りの一桁の数字は、5桁の数字が00001から99999まできた時に0からくりあがって1になる。060から061になるようです。で現在はオバシギは062だそうです。将来オバシギのバンディングの
数がふえたら062からと063へと最後の数字はふえていくようです。
このため06とは種を特定するためのものではなく足環のサイズ(鳥のサイズ)となり例えばオバシギ以外にもサイズが同じものは06となることもありえます。

吉村様が観察されたオバシギの数字062はおそらくガイド番号で
その後に5桁の数字がくるはずなので018の他に後2桁の数字があると思います。
Commented by shorebirds-waders at 2006-09-10 23:09
黄色いフラッグとのことなのでオーストラリアのこちらのサイトに観察記録を送ってみられたらいかがでしょうか?
オーストラリアのシギチの研究グループのサイトです。
http://www.tasweb.com.au/awsg
このメンバーの Clive Mintonさんにメールを送ってみたらよいと思います。
上記のサイトのこちらからでもメールできます。http://www.tasweb.com.au/awsg/whatsnew.htm

日本では山階鳥類研究所に送られたら良いと思います。
両方ともに送られるのが一番良いかと思います。

Commented by 吉村  at 2006-09-11 14:57 x
 シギチクラブ様、お忙しい中お時間さいて頂きまして,誠に恐縮しております。山科の方へは連絡ずみです。会誌のオバシギより大きく写った写真の足環あたり拡大してみましたが、私の古いパソコンでは数字がはっきりとは見えませんし操作もよくわかりませんでした。
 フラッグよく目立つものですね。私は前にウイングタック30をつけたウミネコの足環の数字もあらかた読み取ったことがありますが、オバシギの数字はもっと小さいものでした。
 又フラッグのついた鳥に会いたいですね。
Commented by shorebirds-waders at 2006-09-11 21:21
吉村様
そうですね!鳥の渡りは壮大なロマンをかきたてます。こういうことから謎が少しでも解明されればと思います。
Commented by kenzou at 2007-08-26 17:32 x
SHORE BIRDS IN JAPANさん,始めまして.

素晴らしいHPですね.私,広島県東部の干潟近くに住んでいるシギチ大好きBirderですが,何故早く,このHPに気づかなかったのかと後悔しています.

とにかく面白い.そして勉強になります.珍鳥を追いかけるのもいいけど,その前にもう一度,基本をみっちりと勉強したいと思っています.今まで見向きもしなかった?極々普通種のシギチ,これからは,換羽で年齢を推定する楽しみに挑戦したいと思っています.

また,渡りの中継点という恵まれた環境に住む自分を,これほど新鮮に受け止めたことはありません.感謝しています.
Commented by shorebirds-waders at 2007-08-28 22:34
kenzou さま
コメントありがとうございます。広島在住なのですね。そちらもよい観察地があるとお聞きしていますので、シギチの年齢識別に是非チャレンジしてください!!

嬉しいコメントをいただけてこのブログを作ってよかったと思えます。
反応がないとやはり寂しいので、こういったコメントいただけるととても励みになります。ありがとうございます!

日本のバーダーがもっと意識すべき点は、分布(その鳥は世界規模でみるとどういう分布をしているのか)、換羽、鳥体各部の名称を覚える、
この3っつを意識するともっと深く、より面白い鳥見ができるのではないかと思っています。 

また、いつでもコメントくださいね~笑
Commented at 2011-10-25 00:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-11-05 07:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shorebirds-waders at 2014-11-13 10:28
鍵様
徳島の素晴らしいフィールドがそばにあるのですね。
リンクありがとうございます!
よろしくお願いいたします。
Commented by ヒロスケ24 at 2016-09-23 20:05 x
はじめまして、ヒロスケ24と申します。
1年前からデジスコを使って、野鳥観察&撮影を楽しんでいます。
ブログ拝見いたしました。
素晴らしいですね。

まだここでのスレッドは見ていただけますか?
シギチの季節。
ワクワクが止まりません。
よろしくおねがいします。
Commented by shorebirds-waders at 2016-10-18 00:24
ヒロスケ24さん

返事が遅くなりすみません。
ブログ見ていただきありがとうございます。

シギチは奥が深いですが、まず楽しんでいっぱい観察してみてください!!
<< レンカク1  Pheasan...