レンカク1  Pheasant-tailed Jacana 1 / Hydrophasianus chirugus

他の人気ブログもご覧になれます。クリックお願いいたします。人気blogランキング

c0071489_746924.jpg

レンカク Hydrophasianus chirurgus
幼鳥                        juvenile
2004年11月11日

分布が限られている鳥です。亜種は認められていません。
幼鳥は虹彩が淡黄色で、頭部に赤褐色みがある。雨覆いの模様が特徴的。成鳥では虹彩は暗褐色。
この個体はほとんど幼羽のままだと思う。この手の個体はよく第一回冬羽と図鑑などに記載されているが、一枚でも新しい羽(冬羽)があれば厳密にいえば第一回冬羽になるためだろう。
あるいは、肩羽が第一回冬羽に換羽している個体もみられる。
この個体は肩羽も磨耗がはげしく綺麗な羽(冬羽)もみられないので幼羽でいいと思うがいかがだろう?幼羽がかなり磨耗している。三列風切など磨耗がはげしい。
頭部の赤褐色みと眼の間に黄色い模様が入る個体が多いがこの個体は薄っすらとしかみられない、個体差があるのだろう。

c0071489_2361676.jpg

レンカク
幼鳥                               juvenile                         
2004年11月11日撮影
鳴き声も特徴的で猫みたいに?ミャオーミャオーと鳴きながら飛んでいた。

c0071489_2392030.jpg

レンカク
幼鳥                                juvenile

2004年11月11日撮影

後頭部の画像はなかなかみなさん載せないと思うのであえて載せておく。後頭部にも黄色い模様がみられる。マントル(上背)のこの羽が、冬羽なのかもしれない。そうなると第一回冬羽の個体になるのだがよくわからない。

c0071489_231643.jpg

レンカク
幼鳥                                juvenile 

2004年11月11日撮影
秋の渡りで成鳥の記録は恐らく日本ではないのではないだろうか?成鳥冬羽がでたら大いに見る価値がある!(成鳥夏羽の記録は春にあります。)
もともとレンカク自体なかなか見れるものではありませんが.......

追記
成鳥冬羽の記録をみつけました。 「きらめく生命 宮古諸島の野鳥」という本に成鳥冬羽の写真が掲載されていました。1998年10月29日撮影
虹彩は暗色で頭頂は黒い。


人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2005-03-04 23:19 | レンカク Pheasant-tailed | Comments(0)
<< ミヤコドリ1  Eurasi... 第一回表紙 キアシシギ >>