カテゴリ:オオメダイチドリ Greater San( 4 )

オオメダイチドリ 4 Greater Sandplover / Charadrius leschenaultii


徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!


 ↓Please go to photos pages of species by click.
Species Index
今までの掲載画像一覧です!



有明海で4個体のオオメダイチドリを観察しました。(2日間で2個体ずつ)単独の写真だけだとメダイチドリと意外とわかりにくいかもわかりませんが、いずれれの4個体も観察ではわかりやすかったです。メダイチドリと比べて体の大きい個体群でした。

A individual

c0071489_13415230.jpg

オオメダイチドリ
Charadrius leschenaultii
2007年9月11日
成鳥                                       adult

脚が長い、嘴は短めの個体(メダイチドリよりは長いが)オオメダイチドリも脚の長さ
嘴の長さ太さ個体差がある。(亜種の問題もあるのではないかと以前から感じていますが)

羽衣は難しい個体ですが、幼鳥ではなく成鳥だと思います。幼羽であれば雨覆がもっと明瞭な羽縁があります。胸の帯びも少し赤みがあり夏羽が残っているのではないかと思います。



c0071489_1342843.jpg



c0071489_13422658.jpg
c0071489_13423796.jpg
c0071489_13424960.jpg
c0071489_1343091.jpg















B individual
c0071489_13434856.jpg

オオメダイチドリ
Charadrius lescheaultii
2007年9月11日
幼鳥                                     juvenile

この個体は嘴も長く大きく、脚も長いわかりやすい個体。
肩羽、雨覆も羽縁が茶褐色で太く、尖り気味の傾向。メダイチドリの幼羽ともよく似ていますが異なります(メダイチドリではもう少し肩羽は丸みがある傾向に感じています。)

典型的なオオメダイチドリ幼羽の個体。



c0071489_1344266.jpg
c0071489_13441979.jpg
c0071489_13443371.jpg

手前がメダイチドリ
後ろがオオメダイチドリ

メダイチドリとの比較
わかりにくいかもわかりませんが、嘴の長さ、体の大きさがこの個体は明らかに大きい個体でした。














Saga Japan 12 September 2007
一番最初に写るのがオオメダイチドリC個体
後写るのがD個体
他はメダイチドリ


Saga Japan 12 September 2007
右下がオオメダイチドリD個体
後C個体も写ります。


Saga Japan 12 September 2007
一番最初に写るのがオオメダイチドリC個体。
後にD個体も写る。








C individual
c0071489_13445299.jpg

オオメダイチドリ
Charadrius leschenaultii
2007年9月12日

幼鳥                                         juvenile

C個体とよく似ていますが、嘴がやや短めの個体。
脚は長い。(下の画像から)





c0071489_13451260.jpg
c0071489_1345257.jpg
c0071489_13454682.jpg

メダイチドリとオオメダイチドリ比較画像
嘴が短めの個体なのでわかりにくいかもわかりませんが、脚の長さはメダイチドリよりも
長いのがわかると思います。
単独の写真ではわかりにくくてもメダイチドリと比較するとわかりやすい。















D individual
c0071489_1346232.jpg

オオメダイチドリ
Charadrius leschenaultii
2007年9月12日
成鳥 冬羽                              adult winter


個人的には初めてみる羽衣です。幼羽と夏羽は見たことはあるのですが。
雨覆に冬羽(新羽)がみられます。グレーの綺麗な羽、その他は旧羽。(冬羽に換羽中の個体)





c0071489_13463134.jpg
c0071489_13464449.jpg






過去のオオメダイチドリの画像
Charadrius Leschenaultii  オオメダイチドリ
Greater Sand Plover 1
Greater Sand Plover 2
Greater Sand Plover 3
by shorebirds-waders | 2007-10-04 13:46 | オオメダイチドリ Greater San | Comments(3)

オオメダイチドリ 3 Greater Sandplover


徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます




以下全て同一個体です。画像の角度や姿勢などにより嘴の長さ、脚の長さは同一個体でも
異なって見えたりします。
c0071489_0121166.jpg

オオメダイチドリ Charadrius leschenaultii leschenaultii
2006年8月4日
幼鳥                                        juvenile

オオメダイチドリは世界で、3亜種に分けられています。
東から columbinus , crassirostris , leschenaultii (基亜種) 
日本に渡来しているのは基亜種 leschenaultii です。


個人的に関心があるのが、日本に渡来しているオオメダイチドリは果たして上記の1亜種だけなのか?あまりにも個体差が多く 基亜種 leschenaultii だけの個体差とかんがえてよいのか、 嘴が最も長い亜種crassirostris が渡来していることはないのか? 実はまだ知られていない亜種があるのか、或いはメダイチドリの亜種 schaeferi (嘴が長いメダイチドリの亜種)が少数ながらまじっているのか?疑問はつきることがありません。
最近はネットで、オオメダイチドリの個体差をみることができ、嘴の長さ、脚の長さなどかなりバリエーションがみられ、たまに「えっ」と思う画像をみることがあります。
メダイチドリともにオオメダイチドリも個人的にかなり興味がつきない対象です。

各亜種の越冬地もまだ今後研究の余地があるようです。


c0071489_0122237.jpg
c0071489_0123012.jpg
c0071489_0125431.jpg
c0071489_013558.jpg
c0071489_0131620.jpg
c0071489_0132475.jpg


c0071489_0134346.jpg

オオメダイチドリ Charadrius leschenaultii leschenaultii
2006年8月4日
幼鳥                                        juvenile

左 オオメダイチドリ 幼鳥
右 メダイチドリ 成鳥(夏羽から冬羽に換羽中)

脚の長さが異なる、関節の位置が高い、跗蹠が長い、脛が長い。
オオメダイチドリの方がスタイルが良い!

嘴も長い。


c0071489_014293.jpg

オオメダイチドリ Charadrius leschenaultii leschenaultii
2006年8月4日
幼鳥                                        juvenile

左 オオメダイチドリ
右 メダイチドリ
嘴の長さ、太さが異なる。
ただメダイチドリの日本未亜種のschaeferi は嘴がながいので要注意。(未確認ながら日本に渡来している可能性がある)

c0071489_0135185.jpg

オオメダイチドリ Charadrius leschenaultii leschenaultii
2006年8月4日
幼鳥                                        juvenile

左 シロチドリ
右 オオメダイチドリ

シロチドリは後頸がぐるっと白い。嘴は細くて長いが、オオメダイチドリ(C.l.leschenaultii)のように太くはない。



c0071489_8425371.jpg

オオメダイチドリ Charadrius leschenaultii leschenaultii
2006年8月4日
幼鳥                                        juvenile

下に2羽いるのはシロチドリ


c0071489_1143957.jpg

オオメダイチドリ Charadrius leschenaultii leschenaultii
2006年8月4日
幼鳥                                        juvenile

左 シロチドリ
右 オオメダイチドリ
両種の多きさ嘴の長さ、太さなど形態の違いがわかると思います。





人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2006-09-12 00:17 | オオメダイチドリ Greater San | Comments(2)

オオメダイチドリ 2 Greater Sandplover

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます!


c0071489_0111417.jpg

オオメダイチドリ  Charadrius leschenaultii leschenaultii

2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

私の今までの経験では8月上旬にこのオオメダイチドリの幼鳥が渡来していたので
この日もこの鳥狙いで何箇所か回る予定でしたが、運よくすぐみつけることができました。
心の中で、やっぱり来てたとガッツポーズしてました。笑

この個体、嘴の前方部分がややふくらみがあまり大きくない個体のようです。
去年の個体は大きかったのですが、この辺は個体差がやはりあるようです。


c0071489_1002914.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

この日撮影した個体はすべて同一個体です、角度により嘴が大きく見えたり見えなかったりします。写真でみる大きさというのは注意が必要だと思います。
この辺は野外で実物をより多く見るのが一番だと思います。
 普通種であるメダイチドリをじっくり何回も何回も観察することにより、オオメダイチドリがでた時に、何かメダイチドリとは違うなと感じると思います。この何かちがうなと感じることが一番大切なことなんだと思います。
 普通種をしっかり見ることにより、珍しいシギチや見慣れないのが出ると何か違うと感じると思います。
普通種でもただ種の識別ができるだけでなく、夏羽や冬羽、幼鳥では羽衣が違いますから、その違いを観察するだけでも自然と眼がこえてきます。識別する力も付いてきますし、そのあたり年齢識別をすることにより、シギチの観察の楽しさが倍増します。 
シギチの年齢識別はわかっていないことが多くありますので一人でも多くの人が興味をもち観察されればもっともっと楽しくなると思います。



c0071489_1004862.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile


c0071489_101247.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

c0071489_0593282.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

c0071489_1012935.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

c0071489_23355170.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile


c0071489_23364023.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile


c0071489_102345.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

c0071489_102927.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

c0071489_23215372.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile
c0071489_232365.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile
c0071489_23233226.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile
c0071489_22481722.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

c0071489_22484063.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

c0071489_23243014.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

c0071489_232581.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile
c0071489_0582873.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile


c0071489_23265231.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

c0071489_23252382.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

c0071489_23253640.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile


c0071489_23272855.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile

このくらいアップですと、嘴の大きさがよくわかりますが、遠くにいるとわかりにくいものです。



c0071489_22472573.jpg

オオメダイチドリ
2005年8月5日
幼鳥                            juvenile
by shorebirds-waders | 2005-08-21 00:11 | オオメダイチドリ Greater San | Comments(2)

オオメダイチドリ1  Greater Sandplover1

他の人気ブログもご覧になれます。クリックお願いいたします。人気blogランキング

c0071489_22215923.jpg

オオメダイチドリ   Charadrius leschenaultii leschenaultii
幼鳥    

肩羽、雨覆等幼羽が摩耗している。                      





2004年9月6日撮影

オオメダイチドリは3亜種あり、西から東にcoiumbinus , crassirostris, leschenaultiiにわけられています。日本に渡来しているのは基亜種leschenaultiiです。



c0071489_22584271.jpg

オオメダイチドリ
2004年9月6日撮影
メダイチドリと比べると嘴が太く大きい。


 
c0071489_22321957.jpg

オオメダイチドリ
2004年9月6日撮影
上と同一個体です。

この個体は冬羽ではなく(冬羽だと換羽が早すぎますし、これほど羽に摩耗がみられないはずです。)幼羽が摩耗したものです。メダイと同じように幼鳥は淡色の羽縁がみられますが、この個体はだいぶ摩耗しており羽縁が擦り切れています。

 オオメダイチドリは以前から気になっているのは、秋の渡りでは幼鳥の渡来が早いということです。
私の兵庫県浜甲子園の観察記録では1991年8月5日1羽、1992年8月2日3羽いずれも幼鳥です。他のシギなどはこの時期8月前半だと多くが成鳥です。その後に幼鳥が渡ってきます。



c0071489_225649.jpg

オオメダイチドリ
2004年9月6日撮影
正面顔   
上と、同一個体です。

人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2005-03-20 23:02 | オオメダイチドリ Greater San | Comments(4)