カテゴリ:チュウシャクシギ Whimbrel( 5 )

チュウシャクシギ5 Whimbrel5 Numenius phaeopus variegatus



徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!


 ↓Please go to photos pages of species by click.

Species Index 1

Species Index 2
今までの掲載画像一覧です。







c0071489_23111726.jpg

チュウシャクシギ
Numenius phaeopus variegatus
幼羽から第一回冬羽に換羽中                 moult to first winter
佐賀県有明海
2009年11月20日

この時期に、初めて観察したチュウシャクシギ、この羽衣も初めて観察しました。
肩羽の多くが冬羽に換羽していますが、雨覆等は幼羽根が残っています。
今年生まれの個体ということがわかります。

私にとっては非常に貴重な観察でした。

幼羽からいつ(どの時期に、何月に)どのように換羽していくのかが非常に興味がありこういった
個体はmoult fan (換羽ファン)やAgeing fan(年齢識別ファン) にはたまらない個体なのです。

私としては、マニアックといわれても、このような個体の価値がわかる人をもっと増やしたいのです。
こういう個体に楽しみを感じだすと普通種でも飽きがきません!




c0071489_1033213.jpg


c0071489_10332951.jpg



c0071489_8243662.jpg
c0071489_8251170.jpg
c0071489_8253148.jpg
c0071489_8255490.jpg
c0071489_826134.jpg





Numenius phaeopus variegatus  チュウシャクシギ
Whimbrel 1
Whimbrel 2
Whimbrel 3
Whimbrel 4
by shorebirds-waders | 2009-12-08 23:13 | チュウシャクシギ Whimbrel | Comments(0)

チュウシャクシギ 4 Whimbrel 4 / Numenius phaeopus variegatus

徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます






チュウシャクシギの年齢識別は非常に難しいと以前から思っていましたが今回面白い観察ができました。
この日は4個体の少群と少し離れたところで一羽の幼鳥を観察しました。
幼鳥は慣れればすぐわかりますが、それ以後の個体が非常に難しいのです。
夏羽と冬羽の模様があまり変わらなということもあります。
基本的には残っている幼羽を見つけ出すこと、残っている幼羽は翌年の春から秋にかけてでは成鳥より摩耗がひどいということ。成鳥は冬羽で完全換羽していますから、いったん新品の羽に換羽しています。ただ成鳥も夏ころになると摩耗がひどくなってきます。
でも幼羽はもっと摩耗しているはずです。(この辺をみわけるのが難しいのですが)




A個体
c0071489_750714.jpg

チュウシャクシギ
2006年8月30日
A個体
成鳥 摩耗した夏羽                worn adult summer


チュウシャクシギは一般的に4亜種認められています。(学者によってもっとふえたりもします。6亜種に分けている文献もあります)
N.p.phaeopus(西ヨーロッパ)
N.p.alboaxillaris(南ウラル)

N.p.variegatus(日本を含むアジア)
N.p.hudsonicus(アラスカ、カナダ、北米)

日本では正式に記録があるのはN.p.variegatusですが。北米のN.p.hudsonicusも未確認記録があるみたいです。

亜種の識別は大雑把にいうと飛翔時の下背、腰、上尾筒の色の違いです。(オオソリハシシギの亜種の識別とよく似ています)
ヨーロッパの方から下背など白く、日本の亜種は白っぽいですが縞や斑点があります。アメリカはほとんど白くなく茶色です。
ですからまず注意点は飛翔時下背、腰が茶色い個体は北米産のN.p.hudsonicusの可能性があるので要注意です。(秋、ホウロクシギの幼鳥は嘴が短く飛翔時、下背が茶色いので要注意ですが)



c0071489_7501432.jpg

成鳥はこの時期摩耗が激しい。

c0071489_7502033.jpg



c0071489_7503433.jpg
c0071489_7504046.jpg
c0071489_7504745.jpg

初列風切は成鳥でもこの時期摩耗してきますが、幼羽と思えるほど摩耗した羽は見当たらない。













B個体
c0071489_75179.jpg

チュウシャクシギ
2006年8月30日
B個体
成鳥夏羽 →冬羽                   worn adult summer → winter

c0071489_7512546.jpg

上背と肩羽の一部は冬羽に換羽している。(摩耗が少なく綺麗、新羽は軸班とコントラストがある)
残りの羽は摩耗した夏羽


下背が白っぽいのがわかります。ここが茶色だとアメリカ産の亜種N.p.hudsonicusの可能性がでてきます。
c0071489_7513872.jpg
c0071489_751476.jpg
c0071489_752541.jpg
c0071489_7521233.jpg
c0071489_7522479.jpg
c0071489_7523983.jpg


c0071489_802176.jpg

脚、特に最近は指の長さや、web(蹼)がどうなっているのか興味があります。










C個体
c0071489_7534480.jpg

チュウシャクシギ
2006年8月30日
C個体

第一回夏羽? or 成鳥夏羽?                   first summer ? or adult summer ?

この個体は綺麗に撮れていなっかtので細部がよくわからないのですが、三列風切の模様と摩耗ぐあい、初列風切も摩耗しているようにみえるので、もしかしたら第一回夏羽の個体かもわかりませんが画像がいまいちでよくわかりません。


c0071489_7535628.jpg
c0071489_754765.jpg
c0071489_754164.jpg
c0071489_7542575.jpg













D個体
c0071489_12553990.jpg

チュウシャクシギ
2006年8月30日
D個体
第一回夏羽 → 第二回夏羽                       first summer → second winter


この個体が一番興味があり問題の個体。おそらく第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中の個体。去年生まれということ(2005年生まれ)
何故そう思うかというと、初列風切のP10(外側の初列風切)が摩耗が激しく幼羽が摩耗したものと考えられる為。
三列風切も一部幼羽かもしれない。ただ三列風切は非常に難しい。幼羽の三列風切は軸班の模様がギザギザで成鳥とは模様が異なる。ただ成鳥も摩耗してくると違いがわかりにくい。

チュウシャクシギの換羽について海外の文献などいろろ調べた。
まず BTO GUIDE 17 IDENTIFICATION &AGEING OF HOLARCTIC WADERS

そして通称 BWP   HNADBOOK OF THE BIRDS OF EUROPE THE MIDDLE EAST AND NORTH AFRICA   THE BIRDS OF THE WESTERN PALEARCTIC  VOLUME 3

そして  HANDBOOK OF AUSTRALIAN,NEW ZEALAND & ANTARCTIC BIRDS VOLUME3
オーストラリアのハンドブック 体裁はBWP とよく似ています。
この文献に第一回冬羽の換羽で外側の初列風切が換羽すると記載があった。内側は幼羽が残る。そのため内側と外側にコントラストが見られる。外側が綺麗で内側が摩耗している。



海外のシギチの研究者にもこの画像を見ていただいた。基本的に私と同じ考えの人が多かったが、オーストラリアのバンダー(標識調査できるかた)はこういう個体をたくさんバンディングしているそうです。私と同じ意見でした。残っている幼羽の初列風切はこの時期このように非常に摩耗するという。
山階の茂田さんにもご意見をきくと、チュウシャクシギの換羽は
第一回冬羽の換羽で外側の初列風切を換羽する個体が多いそうです。そうなるとP10は換羽しているから摩耗が少ないはずですから、違うのかと思ってのですが、茂田さんによると一番外側の羽などは換羽しきらずに摩耗した幼羽が残る個体がいるそうです。この個体はそれに当たるそうです。第一回夏羽に間違いないと言われました。

もっとこういう個体を撮影しサンプルを増やしたい。この個体も翼を広げたところを撮れればもっといろんなことがわかったと思います。内側の初列風切が見れたらもっと面白かったでしょう。
おそらく幼羽が残っているはずなので摩耗してぼろぼろになっているはずです。

チュウシャクシギは秋の渡りは関西では非常に少ない、春は多いのに、おそらく春と秋の渡りのコースが異なっているのでしょう。




c0071489_12555135.jpg

上背と肩羽の一部は冬羽に換羽している。

c0071489_1256957.jpg
c0071489_12561836.jpg
c0071489_12564389.jpg
c0071489_12565534.jpg



c0071489_12571374.jpg

上背、肩羽に白斑があり綺麗な羽が冬羽です。小雨覆も一部綺麗な羽は冬羽です。


c0071489_12572424.jpg



c0071489_12573721.jpg

初列風切のP10の摩耗のひどい状態がわかります。おそらくこれが幼羽。

c0071489_12574669.jpg



c0071489_1365653.jpg
















E個体
c0071489_13425153.jpg

チュウシャクシギ
2006年8月30日
E個体
幼鳥                                    juvenile

上の成鳥や一年経た個体などよりも羽の模様が異なるのがわかるかと思います。
非常に羽も綺麗で、羽の並び方も整然としています。肩羽、雨覆、三列風切など
羽の模様が明瞭、軸班と白斑のコントラストが強い。嘴も成鳥より短めです。


c0071489_1343797.jpg


c0071489_1343295.jpg
c0071489_13434315.jpg
c0071489_1344560.jpg
c0071489_13441623.jpg
c0071489_13442774.jpg

最近あることがあってシギチの脚、特に指の間の蹼があるのかどうなのか興味があります。笑
チュウシャクシギはこんな蹼をしています。

内側(内趾と中趾の間)より外側(外趾と中趾の間)の蹼が大きいのがわかりますね!







・成鳥と幼鳥の模様の違い
同じ日に撮影しています。成鳥、幼鳥がこれだとわかりやすいと思います。

c0071489_20454313.jpg

2006年8月30日 成鳥 ADULT
成鳥はこの時期かなり羽に摩耗がみらます。
肩羽に一枚軸班と白斑がコントラストがある羽は冬羽
摩耗した成鳥
c0071489_20455023.jpg

2006年8月30日 幼鳥 JUVENILE
軸班と白斑のコントラストが強い。まだこの時期だと幼鳥は羽が綺麗。
by shorebirds-waders | 2007-01-07 07:52 | チュウシャクシギ Whimbrel | Comments(0)

チュウシャクシギ 3 Whimbrel 3

徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます


c0071489_2259191.jpg

チュウシャクシギ   Numenius phaeopus variegatus
2006年5月3日

カニを好む。

以下連続画像です。
c0071489_2259814.jpg

チュウシャクシギ   Numenius phaeopus variegatus
2006年5月3日


c0071489_22591442.jpg

チュウシャクシギ   Numenius phaeopus variegatus
2006年5月3日

c0071489_22592178.jpg

チュウシャクシギ   Numenius phaeopus variegatus
2006年5月3日


c0071489_22592847.jpg

チュウシャクシギ   Numenius phaeopus variegatus
2006年5月3日

連続画像はここまで。








c0071489_23144357.jpg

チュウシャクシギ  Numenius phaeopus variegatus
2006年5月3日


c0071489_22293052.jpg

チュウシャクシギ  Numenius phaeopus variegatus
2006年5月3日










c0071489_23393363.jpg

チュウシャクシギ   Numenius phaeopus variegatus
2006年5月5日

偶然 瞬膜が写っています。下にトリミング画像



c0071489_23394215.jpg

チュウシャクシギ   Numenius phaeopus variegatus
2006年5月5日

瞬膜がわかりますか?えっわからない、では下の画像で


c0071489_03313.jpg

チュウシャクシギ   Numenius phaeopus variegatus
2006年5月5日

眼球の前側に白い膜があるのが瞬膜です。






人気blogランキング
クリックしていただけたら励みになります!他の人気ブログもご覧になれます
by shorebirds-waders | 2006-05-04 23:01 | チュウシャクシギ Whimbrel | Comments(8)

チュウシャクシギ2 Whimbrel 2

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます!



c0071489_22575845.jpg

チュウシャクシギ
2005年9月15日
幼鳥    
                             juvenile
チュウシャクシギの幼鳥は比較的識別が難しいが、この個体は特徴がよく出ているタイプです。上面の羽にコントラストがみられます。(軸班とまわりの白斑にコントラストとがある)
嘴も短めである。






c0071489_2258681.jpg

チュウシャクシギ
2005年9月15日
幼鳥                                 juvenile
上とは別個体

c0071489_2319113.jpg

チュウシャクシギ
2005年9月15日
幼鳥                                 juvenile
上と同一個体

c0071489_22582221.jpg

チュウシャクシギ
2005年9月15日
幼鳥                                 juvenile
上と同一個体
c0071489_22583680.jpg

チュウシャクシギ
2005年9月15日
幼鳥                                 juvenile
上と同一個体
c0071489_22585396.jpg

チュウシャクシギ
2005年9月15日
幼鳥                                 juvenile
上と同一個体
c0071489_2259097.jpg

チュウシャクシギ
2005年9月15日
幼鳥                                 juvenile
上と同一個体
c0071489_2259879.jpg

チュウシャクシギ
2005年9月15日
幼鳥                                 juvenile

上と同一個体
初列風切、次列風切にみられる白斑も大きく明瞭、羽自体もまだ摩耗が少なく綺麗です。
成鳥はこの時期もっと摩耗がみられたり換羽の途中であったりします。



c0071489_22591785.jpg

チュウシャクシギ
2005年9月15日
幼鳥                                 juvenile
上と同一個体
c0071489_22592716.jpg

チュウシャクシギ
2005年9月15日
幼鳥                                 juvenile

上と同一個体
この画像から背が白っぽいのがなんとかわかると思います。

チュウシャクシギは4亜種認められており、日本に渡来しているのは、variegatus
他にhudsonicusは背から腰が茶褐色です。日本に渡来している可能性もあります。
さらにphaeopus、alboaxillarisに分けられています。



人気blogランキング
クリックしていただけたら励みになります!他の人気ブログもご覧になれます
by shorebirds-waders | 2005-09-18 23:03 | チュウシャクシギ Whimbrel | Comments(0)

チュウシャクシギ 1  Whimbrel 1

他の人気ブログもご覧になれます。クリックお願いいたします。人気blogランキング

c0071489_23223449.jpg

チュウシャクシギ   Numenius phaeopus variegatus
成鳥                                  adult
2004年5月25日撮影

c0071489_23254394.jpg

チュウシャクシギ
成鳥                                  adult
2004年5月25日撮影

c0071489_23271375.jpg

チュウシャクシギ
成鳥                                  adult
2004年5月25日撮影
主食はカニです。まずカニの足を嘴でちぎって胴体を丸呑みにし後から足を食べます。

c0071489_23292277.jpg

チュウシャクシギ
幼鳥                                    juvenile
2004年9月14日撮影
幼鳥は成鳥より嘴が短く、雨覆いなど羽のコントラストが強い、この時期の成鳥と比べると羽の摩耗が少なく綺麗である。
 
c0071489_23293824.jpg

チュウシャクシギ 
幼鳥                                    juvenile
2004年9月14日撮影
上と同じ個体
嘴が短く、羽のコントラストが強いのがわかる。幼鳥の場合嘴が短いのでコシャクシギとの識別に注意したい。コシャクシギは嘴がもっと細い、雨覆いなど羽の模様も違う。

c0071489_23275939.jpg

チュウシャクシギ
2004年5月25日撮影
成鳥                                     adult
翼の下面の模様がよくわかる。シロハラチュウシャクシギはこの下面が白い

c0071489_1256695.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月10日撮影
成鳥                               adult

c0071489_8213686.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月10日撮影
成鳥                                adult

c0071489_12565169.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月10日撮影
成鳥                                  adult

c0071489_23401410.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月16日撮影
成鳥                              adult
日本に渡来している、亜種variegatuは背から腰が白い.
北米産亜種hudsonicusは腰が白くなく褐色である。(日本にも渡来している可能性がある)

c0071489_895129.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月19日
成鳥 adult

c0071489_0492458.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月19日
成鳥 adult
上と同一個体
喉をふるわしてないていました。

c0071489_85275.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月19日
成鳥 adult
淡色の頭央線と褐色の頭側線があるのもチュウシャクシギの特徴のひとつ

c0071489_0175061.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月19日
成鳥                         adult

c0071489_0225697.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月19日
成鳥                              adult


c0071489_0493641.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月19日撮影
成鳥                     adult
上と同一個体
c0071489_22592948.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月23日
成鳥

c0071489_21172255.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月19日
成鳥 夏羽               adult summer
日没まえです。なんとか顔に日差しがさしています。

c0071489_21174298.jpg

チュウシャクシギ
2005年5月19日
成鳥 夏羽                adult summer         

人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2005-03-28 23:46 | チュウシャクシギ Whimbrel | Comments(1)