カテゴリ:ダイシャクシギ Eurasian C  ( 1 )

ダイシャクシギ  Eurasian Curiew

他の人気ブログもご覧になれます。クリックお願いいたします。人気blogランキング

c0071489_21501923.jpg

ダイシャクシギ  Numenius arquata orientalis
2005年2月10日撮影
この個体は、小雨覆い、中雨覆いに摩耗がみられるので若い個体(第一回冬羽?)かもわからない.
ダイシャクシギは、ホウロクシギより分布は拡い。
2亜種に分けられ、日本に渡来しているのは、orientalis、ヨーロッパに分布しているのは、arquataである。
c0071489_215261.jpg

2005年2月10日撮影
上と同一個体
誰にも素晴らしい野鳥の出会いがあると思う、この時の私もそうだった、ミヤコドリを観察していたら、ダイゼンの群れが現れ、そしてこのダイシャクシギがいきなり飛んできたのだ、いままでどこにもみあたらなかったこの大型のシギが現れ、私は驚き興奮した。まさに手に汗握るとはこのことだ!冬のこの寒い時期、手はかじかんでいうことはきかず耳ももう感覚がない、よほどの物好きでなければこの寒い海岸にわざわざシギチをみにこないだろう。だが私にとって、この時が最高に幸せで忘れられない一日となった。
c0071489_1201221.jpg

2005年3月10日撮影
左がダイシャクシギ 右はホウロクシギ
ダイシャクシギは腹から下尾筒まで白い
c0071489_920186.jpg

ダイシャクシギ
2005年3月31日撮影
越冬していた個体です。上と同一個体です。







c0071489_2227152.jpg

ダイシャクシギ
2006年1月26日

2羽のダイシャクシギが越冬していました。セグロカモメと比較



人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2005-03-29 22:13 | ダイシャクシギ Eurasian C   | Comments(0)