カテゴリ:アオアシシギ Common Greens( 6 )

アオアシシギ6 Common Greenshank /Tringa nebularia

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!


 ↓Please go to photos pages of species by click.

Species Index 1

Species Index 2
今までの掲載画像一覧です




B individual

c0071489_18364594.jpg

アオアシシギ
Tringa nebularia
2008年10月16日
第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中??                first summer moulting to second winter plumage ??





c0071489_1837899.jpg

アオアシシギ
2008年10月16日
第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中??                first summer moulting to second winter plumage ??





c0071489_18372391.jpg

アオアシシギ
2008年10月16日
第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中??                first summer moulting to second winter plumage ??






c0071489_18374076.jpg

アオアシシギ
2008年10月16日
第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中??                first summer moulting to second winter plumage ??





c0071489_1838272.jpg

アオアシシギ
2008年10月16日
第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中??                first summer moulting to second winter plumage ??


年齢識別をする上で見るべきポイントがあります。
基本的に幼羽根を残すのは(例外もありますが)基本的に風切、尾羽根、一部の雨覆
などです。第一回冬羽以後は翼を広げた画像や肩羽の下に隠れている小雨覆、尾羽根など
注意深く観察しないと難しい場合が多いです。

今回このアオアシシギでは尾羽に注目すると、中央尾羽が非常に摩耗しているのがわかります。
BTO GUIDE17を見ると
、「1S ,Sometimes central tail featers are not replaced and these become very worn」
という記載がありまさにこの個体は中央尾羽に摩耗した羽根が残っています。
また雨覆の一部も非常に摩耗した旧羽が残っています。ただしこれが幼羽根なのかどうかは
非常に難しいです。成鳥でもこの時期摩耗してくるからです。
例えば5月頃にこのような摩耗した中央尾羽が残っていら1Sと断定でいますが、10月なので成鳥でも摩耗してくるのでややこしいのです。(難しいのが逆に楽しくもあるのですが。笑)
残るポイントは初列風切なのですが、これは翼を広げた画像が撮影できなかったので
確認できませんでした。よって1Sから2Wに換羽中ではないかと思いますが
断定はしません。今後の自分の資料にもなるので掲載しました。




references

・BTO GIUDE 17
Guide to the identification and ageing of Holarctic Waders 1977










A individual
c0071489_18381778.jpg

アオアシシギ
2008年10月16日

成鳥冬羽に換羽中                          moulting to adult winter plumage

c0071489_18383384.jpg

アオアシシギ
2008年10月16日

成鳥冬羽に換羽中                          moulting to adult winter plumage

c0071489_18385421.jpg

アオアシシギ
2008年10月16日

成鳥冬羽に換羽中                          moulting to adult winter plumage

上のB個体と比較する為に、こちらの尾羽根は新鮮ですね!




Tringa nebularia アオアシシギ
Common Greenshank 1
Common Greenshank 2
Common Greenshank 3
Common Greenshank 4
Common Greenshank 5
by shorebirds-waders | 2008-11-06 18:39 | アオアシシギ Common Greens | Comments(0)

アオアシシギ 5 Greenshank5 / Tringa nebularia


徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます
このブログの順位もあがるかもわかりません、応援よろしくお願いいたします!

 ↓Please go to photos pages of species by click.
Species Index
今までの掲載画像一覧です!




Greemshank
Japan 11 September 2007
アオアシシギの30羽の群れ ねぐらいりのようでした。
有明海の後背地で夕方6時過ぎに水路で休む、アオアシシギの群れを発見しました。
車の中から、撮影、どんどん暗くなるので時間との勝負でした。
30羽の群れが間近に見られ、換羽の個体差、幼鳥、成鳥を観察しました。


A個体からO個体まで15羽(半分)まで撮影できました。それ以上は日が暮れて不可能
でした。全て同日の観察ですので、換羽の進み具合、摩耗の程度、成鳥と幼鳥の違い
など、細かく羽根の状態を見てください。

アメリカにはアオアシシギにそっくりなオオキアシシギというのがいます。日本にも稀に渡来します。アオアシシギのバリエーションを知っていると識別にはプラスにもなるでしょう。
アオアシシギという名前から、脚が青いのかなと思うことが多いですが、個体差があり
黄色っぽいのから黄緑、青っぽいのまでいろいろです。脚の色だけでの判断は要注意です。
シギチの脚の色は変化が多い傾向にあると思います。










c0071489_0221311.jpg

A summer plumage → winter plumage

肩羽、雨覆の一部が冬羽(グレーの羽)に換羽している。



c0071489_0223258.jpg

B summer plumage → winter plumage

胸に夏羽の縦斑が残る。肩羽の一部は冬羽に換羽している。
小雨覆も3枚ほど冬羽に換羽している。



c0071489_0224483.jpg

C   winter plumage

三列風切の一枚が旧羽。初列風切もまだ旧羽
残りは冬羽に換羽している。





c0071489_0225613.jpg

D worn first summer ??? → second winter ???

今回の個体群の中で一番気になる個体。
肩羽の一部が冬羽に換羽しているが、残りの旧羽がかなり摩耗している。
第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中の個体なのかよくわからない。
初列風切はそれほど摩耗しているようには見えない(やはり成鳥か??)。ただ翼を広げた
画像がないので検証できない。外側の初列は第一回冬羽の換羽で換羽している可能性も
あり、そうなると、静止時のこの画像では、外側の初列風切しか見えていないのでわからない。
翼を広げた鮮明な画像があれば検証可能だと思いますが。
第一回夏羽を検証するには初列風切のパターンが今のところかなり重要だと思っています。
雨覆は夏羽が摩耗したものか、一部残った幼羽が摩耗したものなのかを見分けるのが
今のところかなり難しいです。(でもこれもサンプルを増やし調べたいです。)





c0071489_023121.jpg

E
幼鳥→第一回冬羽                        juvenile →first winter
上段の肩羽の一部が冬羽に換羽している。残りは幼羽が残る。





c0071489_023251.jpg

F
summer plumage → winter plumage




c0071489_0234870.jpg

G

三列風切、大雨覆、中雨覆、小雨覆に一部旧羽が残る。(茶色っぽい、摩耗した羽根)





c0071489_024244.jpg

H
winter plumage

ほぼ冬羽に換羽している。





c0071489_0461593.jpg

I
winter plumage

ほぼ冬羽に換羽している。


c0071489_0244817.jpg

J

肩羽の多くが冬羽に換羽している。肩羽に黒い羽根は夏羽。
三列風切、大雨覆、小雨覆の一部は旧羽が残る。



c0071489_025041.jpg

K
内側の蹼の大きさに注意
例えば類似種のカラフトアオアシシギではこの部位はもっと大きく明瞭な蹼をしています。





c0071489_025139.jpg

L
summer plumage → winter plumage

胸に夏羽の縦斑が少し残る。





c0071489_0254221.jpg

M
幼鳥                                juvenile

この画像をみてすぐに幼鳥だ!と思ったら、もっとシギチ観察の楽しみが
増えますよ~!!






c0071489_0255431.jpg

N
winter plumage





c0071489_026599.jpg

O
summer plumage → winter plumage


まだ摩耗した、夏羽が多く残る個体。
胸には夏羽の縦斑が残る。

肩羽の一部は冬羽


過去の画像
Tringa nebularia アオアシシギ
Common Greenshank 1
Common Greenshank 2
Common Greenshank 3
Common Greenshank 4
by shorebirds-waders | 2007-10-13 00:26 | アオアシシギ Common Greens | Comments(0)

アオアシシギ 4 

徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます



秋のアオアシシギ
シギチの画像を見るときは(シギチに限らず)日付を意識してください。
この時期だと、どいう換羽状況にあるのか知る大切なてがかりとなります。

同じ日に同じ場所で3個体観察できました。
A幼羽  B冬羽  C冬羽に換羽中の個体 見比べてみてください。

c0071489_22433193.jpg

アオアシシギ
2006年9月15日

幼鳥                                  juvenile



c0071489_234938100.jpg

アオアシシギ
2006年9月15日

幼鳥                                  juvenile


肩羽が一部冬羽に換羽している。冬羽は羽縁がぐるっとある。
幼羽は暗色で軸班は羽先まで達する傾向がある。冬羽は羽先まで行かず羽縁がぐるっとある。
この個体はほとんど幼羽のまま、一部肩羽に冬羽が見られる程度。

c0071489_23494762.jpg

アオアシシギ
2006年9月15日

幼鳥                                  juvenile


c0071489_1146180.jpg

アオアシシギ
2006年9月15日

幼鳥                                  juvenile














c0071489_22434661.jpg

アオアシシギ
2006年9月15日

成鳥 冬羽                                  adult winte


c0071489_23501490.jpg

アオアシシギ
2006年9月15日

成鳥 冬羽                                  adult winte

冬羽は白い羽縁がぐるっとあるのがよくわかります。幼羽とは模様、色が異なる。

















c0071489_22442135.jpg

アオアシシギ
2006年9月15日

夏羽 → 冬羽                   summer plumage → winter plumage
成鳥? or 第一回夏羽 ?

肩羽が冬羽に換羽してきている。
c0071489_23504341.jpg

アオアシシギ
2006年9月15日

夏羽 → 冬羽                   summer plumage → winter plumage
成鳥? or 第一回夏羽 ?



c0071489_2350321.jpg

アオアシシギ
2006年9月15日

夏羽 → 冬羽                   summer plumage → winter plumage
成鳥? or 第一回夏羽 ?


c0071489_23505561.jpg

アオアシシギ
2006年9月15日

夏羽 → 冬羽                   summer plumage → winter plumage
成鳥? or 第一回夏羽 ?

小雨覆が暗色で幼羽のようにもみえるが、断定は今の段階では私にはできません。今後サンプルを増やしていけばわかってくると思います。



c0071489_11463968.jpg

アオアシシギ
2006年9月15日

夏羽 → 冬羽                   summer plumage → winter plumage
成鳥? or 第一回夏羽 ?


初列風切は第一回夏羽ではもっと摩耗しているはずなので、やはり成鳥なのか?難しい。








c0071489_2345853.jpg

アオアシシギ
2006年10月12日
上の3個体とは一ヶ月位後ですが、さてこの個体の年齢識別はわかりますでしょうか?


c0071489_23281038.jpg

アオアシシギ
2006年10月12日

幼鳥                                      juvenile

そうです、A個体と似ていますよね!幼羽ですね!

c0071489_231918.jpg

アオアシシギ
2006年10月12日

幼鳥                                      juvenile





c0071489_2312125.jpg

アオアシシギ
2006年10月12日

アオアシシギ
2006年10月12日

幼鳥                                      juvenile
by shorebirds-waders | 2006-11-13 22:50 | アオアシシギ Common Greens | Comments(0)

アオアシシギ 3 Greenshank


徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます



A
c0071489_23191688.jpg

アオアシシギ
2006年5月17日

成鳥夏羽                                 adult summer

今回は、私の個人的な見方を書いてみます。
まずこの鳥の全体像をみます。

このシギの分布を確認します。
私がよく見るのは、 日本の野鳥590 平凡社
この図鑑は分布図がわかりやすいのでこれをみて確認します。
日本未記録の種などは Helm 社の SHOREBIRDS 1986年( 世界のシギチの絵の図鑑)
を見ます。
分布を見ると世界に広く分布しているんだなとわかります。そして次に気づきます、あっ
北米大陸、南米大陸には生息しないんだと、アメリカでは珍鳥なんだなとわかります。
でもそのかわりにといってはなんですが、アメリカには アオアシシギ によく似た オオキアシシギ というのが生息しています。日本には逆に迷鳥としてやってきます。同じようなことは タカブシギ と コキアシシギ についてもいえるかもわかりません。分布図はこういうふうに想像を膨らませることができおもしろいです。こないだ関東ででた コシジロウズラシギ なども、珍鳥はまずどこからきたのか分布をみます。こういうところに分布しているのが日本にきたのかと確認します。


シギチ好きな人は、日本初記録のシギチを見つけだしたいと考えています。分布図をみてこのシギチなら今後日本でも迷鳥として、くるかわからないな~とか考え、思いをはせています。

次に分布が広いということは何亜種かにわけられているのではないかと想像し、チェックします。(亜種は研究者によって亜種数が異なったりすることがあります。)
ここでは一般的に先ほどの SHOREBIRDS でチエックします。亜種は認められていないことがわかります。ただ中央シベリアで繁殖している個体群は翼の測定値がやや長いということが書いています。こういう場合は他の海外の文献もチェックします。

次に春に見るシギチは年齢識別は非常に難しい種が多いです。でもその分まだよくわかっていないことが多いので試みがいがあります。
春にチェックするのは成鳥夏羽なのか、第一回夏羽なのかを意識してチェックします。
ポイントは幼羽が残っているかどうかです。通常幼羽が残っているのは内側中雨覆、初列風切
、尾羽の一部などが基本です。ただ換羽は非常に複雑なものですから換羽の進行状況や個体差など難しいめんももちろんあります。幼羽がのこる部位も異なる時があります。
ただ成鳥は冬羽の換羽で完全換羽しているのが基本ですから、春には幼羽ほど摩耗していません。残っている幼羽は成鳥より摩耗がひどいはずなのでその辺をみます。
一番良いのは翼を広げているところをできるだけ鮮明に大きく撮ることです。かなり難易度が高いですが。
第一回冬羽(第一回夏羽)の初列風切の換羽は、或る特徴が見られる場合があります。それは一部の種や個体などは外側の初列風切を換羽し、内側はそのままなので初列風切にコントラストがみられます。
内側が摩耗し外側が綺麗ということです。成鳥は内側から換羽していきます。
アオアシシギでも一部の個体ははそういうデータがあるようです。(海外で)










c0071489_23193349.jpg

アオアシシギ
2006年5月17日
成鳥夏羽                                 adult summer


c0071489_23194141.jpg

アオアシシギ
2006年5月17日
成鳥夏羽                                 adult summer




c0071489_23194832.jpg

アオアシシギ
2006年5月17日
成鳥夏羽                                 adult summer


















B
c0071489_23204227.jpg

アオアシシギ
2006年4月24日


c0071489_23204767.jpg

アオアシシギ
2006年4月24日















C
c0071489_23205563.jpg

アオアシシギ
2006年4月24日


c0071489_2321342.jpg

アオアシシギ
2006年4月24日
















D
c0071489_23211414.jpg

アオアシシギ
2006年4月24日


BからDは同じ日に撮影したものですが換羽状況が少しずつ異なるのがわかると思います。

足の色は注意が必要で、アオアシシギという和名なので足が青いと思われがちですが、結構黄色っぽい個体も多いので注意してください。足が黄色いのでオオキアシシギではないかと思われたりする場合がありますが、足の色だけで判断すると危険なのがわかるとおもいます。




人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2006-10-18 23:25 | アオアシシギ Common Greens | Comments(2)

アオアシシギ 2  Greenshank 2

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます




c0071489_22581388.jpg

アオアシシギ   Tringa nebularia
2005年9月8日

第一回夏羽 → 第二回冬羽             first summer → second winter




c0071489_22582033.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

第一回夏羽 → 第二回冬羽             first summer → second winter

上と同一個体


c0071489_22582633.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

第一回夏羽 → 第二回冬羽             first summer → second winter

上と同一個体



c0071489_22583373.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

第一回夏羽 → 第二回冬羽             first summer → second winter

上と同一個体

まず、この個体のの年齢識別をする上で、大切なのは撮影日です。9月に入っているので幼鳥が渡来しています。現にこの日一羽の幼鳥を観察しています。この時期は成鳥夏羽から冬羽に換羽中の個体、成鳥冬羽の個体、幼羽から第一回冬羽に換羽中の個体、第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中の個体などが考えられます。
 この個体は翼を閉じていると一見成鳥冬羽の個体のようにかんじますが、翼をひろげると幼羽が残ってます。
第二回冬羽で完全換羽しますから、それまでは部分的に幼羽が残ります。
で、実際この個体を見ると摩耗した幼羽が残っています。
この個体が第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中の個体だとわかります。
 

小雨覆に数枚幼羽が残っている。黒っぽく摩耗した羽
内側初列風切、内側初列雨覆、大雨覆が第二回冬羽に換羽しています。(白い羽縁がありグレーの羽、摩耗が少なく綺麗な羽)

P8(初列風切の内側から8番目の羽)が幼羽。

ここからは私の個人的な推測なのですが、P9,10がP8に比べあまり摩耗していないのは第一回冬羽で換羽したのではないかと思います。通常初列風切は第一回冬羽では換羽しないのですが、外側の初列風切は換羽する種類があり、すべての個体ではないですがいくらかの個体は外側を換羽するようです。

成鳥であれば冬羽で完全換羽なのでP8が恐らくこんなに摩耗しないと思いますし、P9.10と摩耗の差があるのも不自然だと思います。ほぼ均等に摩耗するはずでは?ないかと考えます。

P1からP6までは第二回冬羽に換羽しておりP6は伸長中、P7がまだ生えてきていないのではないかなと思います。(P7脱羽は自信はありません重なって一枚見えていないのかもわかりません、初列風切は10枚あるはずなので一枚足りないのです)


この個体が第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中の個体であると思いますが、もう少したさんのサンプルが必要だとは感じています。











c0071489_949505.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

第一回夏羽 → 第二回冬羽 ?            first summer → second winter ?

上と別個体



worn primaries

初列風切に摩耗がみられ、こちらも第一回夏羽 → 第二回冬羽 に換羽中ではないかと思います。




c0071489_9495624.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

第一回夏羽 → 第二回冬羽             first summer → second winter ?

上と同一個体













c0071489_2232589.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

真ん中  幼羽 → 第一回冬羽                  
左      冬羽
右     夏羽 → 冬羽 

c0071489_2232131.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

幼羽 → 第一回冬羽                 juvenile → first winter

ほとんど幼羽ですが、肩羽に2枚ほど冬羽に換羽しています。

幼羽の特徴はこの時期摩耗が少なく綺麗であり、暗色、茶褐色みがあります。


c0071489_22193674.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

幼羽 → 第一回冬羽                 juvenile → first winter

上と同一個体

c0071489_22194366.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

幼羽 → 第一回冬羽                 juvenile → first winter

上と同一個体

尾羽の模様がよくわかるので。尾羽も一部幼羽が残るところなので今後の参考のために

c0071489_1047030.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

冬羽                         winter plumage


c0071489_10471390.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

夏羽  → 冬羽            summer plumage → winter plumage



c0071489_104722100.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

夏羽  → 冬羽            summer plumage → winter plumage


c0071489_1048752.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

夏羽  → 冬羽            summer plumage → winter plumage

脚に金属リングが付いている個体

c0071489_10481924.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

第一回夏羽 → 第二回冬羽 ?           first summer → second winter ?

三列風切が幼羽?のように思う。ただ幼羽にしては摩耗が少ないかな~?よくわからない個体
個人的には1Sだと思います。

c0071489_10473686.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

冬羽                              winter plumage


c0071489_10474463.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日

冬羽                              winter plumage

c0071489_10484035.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日



c0071489_10484964.jpg

アオアシシギ
2005年9月8日




人気blogランキング
クリックしていただけたら励みになります!他の人気ブログもご覧になれます
by shorebirds-waders | 2005-12-10 23:42 | アオアシシギ Common Greens | Comments(0)

アオアシシギ 1   Common Greenshank 1

c0071489_041013.jpg

アオアシシギ    Tringa nebularia
成鳥夏羽     adult
2004年5月25日撮影
夏羽になると胸に黒い縦斑がみられる。肩羽に黒い模様の羽が数枚みられる。これも夏羽の特徴。
アオアシシギの鳴き声は秋に聞くとなんだかもの悲しく情緒がある。チョーチョーチョー
シギチの識別には鳴き声も重要な識別点である。
c0071489_07074.jpg

アオアシシギ   
第一回夏羽?
2005年4月8日撮影
肩羽、大雨覆い、中雨覆いの一部の羽根は夏羽に換羽しているが中雨覆いの摩耗している羽が幼羽のようにもかんじるので第一回夏羽かもしれない
c0071489_0131354.jpg

アオアシシギ
夏羽
2005年4月8日撮影
三列風切、大雨覆い、中雨覆い、肩羽、上背など夏羽に換羽している。
c0071489_0171787.jpg

左 ツルシギ   右 アオアシシギ
2005年4月8日撮影
c0071489_0193050.jpg

アオアシシギ
成鳥 夏羽→冬羽
2004年8月30日撮影
この個体右足にバンデイングの足環が付いている。かなり以前につけられたものらしい。
肩羽の数枚、白い羽縁がある羽が新しい羽(冬羽です)
c0071489_0212392.jpg

アオアシシギ
成鳥 夏羽→冬羽
2004年8月30日撮影
肩羽が冬羽に換羽しています。
c0071489_0483465.jpg

アオアシシギ
成鳥 夏羽→冬羽
2004年8月30日撮影
この個体はだいぶ冬羽に換羽してきている。
肩羽、雨覆いの白い羽縁の羽が冬羽です。
c0071489_0273181.jpg

アオアシシギ
幼鳥                       juvenile
2004年8月30日撮影
この日にはアオアシシギ9羽観察したが幼鳥、成鳥混群だった。
この個体は肩羽が摩耗してきているが上の成鳥の画像と比べると羽が摩耗が少なく綺麗なことがわかる。全体的に褐色味がある。白い羽縁があり、三列風切、大雨覆いなどには白い羽縁と黒斑がある。
c0071489_0381355.jpg

アオアシシギ
幼鳥                        juvenile
2004年8月30日撮影
この個体は肩羽の摩耗も少なく比較的綺麗な幼羽である。
以前British sirdsに掲載されていたが幼羽の羽のパターンは個体差があり、冬羽のような幼羽が観察されている。(白い羽縁だけで、三列風切、大雨覆いに黒斑がないタイプ)
c0071489_0452876.jpg

アオアシシギ
幼鳥                         juvenile
2004年8月30日撮影
c0071489_051250.jpg

アオアシシギ
幼鳥                           juvenile
2004年8月30日撮影
足の色は個体差がありこの個体はやや黄色未がある。
アオアシシギの足の色は、黄緑色、青緑色などがみられる。
c0071489_0554082.jpg

アオアシシギ
幼鳥                           juvenile
2004年8月30日撮影
c0071489_0581786.jpg

アオアシシギ
幼鳥                            juvenile
2004年8月30日撮影
正面顔


Tringa nebularia アオアシシギ
Common Greenshank 1
Common Greenshank 2
Common Greenshank 3
Common Greenshank 4
Common Greenshank 5




人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2005-04-11 01:02 | アオアシシギ Common Greens | Comments(0)