カテゴリ:トウネンRed-necked stint( 7 )

トウネン 7 Red-naecked Stint / Calidlis ruficollis

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます
このブログの順位もあがるかもわかりません、応援よろしくお願いいたします!

 ↓Please go to photos pages of species by click.

Species Index 1

Species Index 2
今までの掲載画像一覧です



A individual



c0071489_824452.jpg

トウネン
Calidris ruficollis
2008年4月22日
第一回夏羽                             first summner

有明海で見つけた個体。念願だったトウネンの第一回夏羽、自分の目で観察できたのはこれが
初めて。ネットの画像でみたのは沖縄のozok さんのブログで見ただけで、国内外の写真図鑑ではみたことがありません。
もともと若い個体は春の渡りはせずに越冬地に留まるという記述を文献等でみますが、この個体のようにおそらくこのまま北上する個体も中にはいるのでしょう。

この個体はもしかしたら有明海でそのまま越冬していたのかもわかりません。

意識して観察すれば、このように第1回夏羽のトウネンも見つけることができます。
海外の文献では記述のみで第1回夏羽の特徴は書いていますが、写真は殆どありません。
(結構貴重な画像です。)
あまり今まで細かく見ている人が少なかったこともありますし、感心がもたれていないこともあります。また見たくても機材が現在とは違いますから難しい面が多々あったと思います。
一部の海外のバンダーの方ぐらいしか注意して見ていなかったと思います。

ただこれからは以前のようにたくさんのシギチの中から珍鳥を探すという楽しみ方がなかなか
できないですし(個体数の減少もあり)そうそう珍鳥も出現しないですし、今見ることができる少数のシギチ(普通種)を詳しく観察することにより(年齢識別)シギチ観察の楽しさを維持できるのではないかと思います。(もちらろん楽しみ方のひとつとして)




c0071489_2282398.jpg

トウネン
Calidris ruficollis
2008年4月22日
第一回夏羽                             first summner



c0071489_22155497.jpg

トウネン
Calidris ruficollis
2008年4月22日
第一回夏羽                             first summner

白い丸で囲ったところが幼羽が残っています。初列風切、三列風切の2枚、小、中雨覆の一部。(鳥体各部の名称は覚えましょう~!)
肩羽が冬羽のままのようで、夏羽ではないと思います。この時期に夏羽に換羽していないということは、この後どういう換羽するのか疑問であります。夏羽の換羽を通り過ぎて冬羽(第二回冬羽)に換羽するのか~?


文献を見るとトウネンの1Sは外側の初列風切が換羽済みで内側の初列風切は幼羽のままで換羽しないため、この時期、4月中旬になるとだいぶコントラストが見られます。(外側が綺麗で、内側が摩耗している)

ただこの個体は、外側も換羽しておらず、褐色で摩耗しているのがわかります。
初列風切は換羽しておらず幼羽が残っています。こういう個体もいるのでしょう!



基本的にシギの換羽は幼羽から1Wそして1Sの換羽では、初列風切は換羽しないか、或るいは、外側数枚換羽するかのどちらかが多いようです。(初列風切を全て換羽する種は例外として覚えるようにしています)

トウネンの第1回夏羽は、このように一見冬羽に見えるタイプと部分的に夏羽に換羽するタイプ
(成鳥ほどではなく)があるようです。文献に記述あり。
このあたりは実際自分の目で観察確認していきたいと思っています。



このブログの主訴
換羽については主訴の部分でふれていますので。












B individual


c0071489_10302959.jpg

トウネン
Calidris ruficollis
2008年4月21日

first summer ??or adult ??
この個体も有明海で撮影。(画像上の個体)
4月中旬で冬羽のままの個体。この個体は確実な幼羽が見つけられなかったので1Sなのかよくわかりません。
翼を広げた初列風切のパターンなどを見なければ難しい個体。

成鳥の換羽が遅い個体なのか?1S(第1回夏羽)なのか不明。


春はこのような夏羽にあまり換羽していない個体が特に注意して観察すべき個体です。
(手前は夏羽の個体)


c0071489_1030458.jpg

トウネン
Calidris ruficollis
2008年4月21日

first summer ?? or adult ??



Calidris ruficolis トウネン
Red-necked Stint 1
Red-necked Stint 2
Red-necked Stint 3
Red-necked Stint 4
Red-necked Stint 5
Red-necked Stint 6
by shorebirds-waders | 2008-05-04 08:02 | トウネンRed-necked stint | Comments(2)

トウネン 6 Red-necked Stint 6


徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます



c0071489_748699.jpg

トウネン
2006年5月19日

成鳥 夏羽                        adult summer

トウネンは日本では普通種ですが、分布を見ると極東アジアに限られるため、またニシトウネンと非常によく似ているため各羽衣のさまざまなパーターンを(個体差)を調べなければならないと思います。この種も欧米では超珍鳥になるため、普通に観察できる日本が調べるべき大切な鳥の一種です。





c0071489_8581922.jpg

2006年5月19日

成鳥 夏羽                        adult summer




c0071489_972917.jpg

2006年5月17日

成鳥 夏羽                        adult summer

この個体のように丸まっていると体型がトウネンらしくなく見えることがあるのでニシトウネンとの識別は、全体的なプロポーションと細部の特徴を総合的に判断したほうが良いと思います。
夏羽は羽衣から比較的容易に識別できますが、幼羽や、摩耗した夏羽、冬羽は要要注意です。



c0071489_10161714.jpg

トウネン
2006年5月12日

成鳥 夏羽                        adult summer



c0071489_23434132.jpg

トウネン
2006年5月12日

成鳥 夏羽                        adult summer

和名は「当年生まれ」のように小さいためトウネンとつけられたようです。

c0071489_23434977.jpg

トウネン
2006年5月12日

成鳥 夏羽                        adult summer

c0071489_23435568.jpg

トウネン
2006年5月12日

成鳥 夏羽                        adult summer

c0071489_2344549.jpg

トウネン
2006年5月12日

成鳥 夏羽                        adult summer

c0071489_23441162.jpg

トウネン
2006年5月12日

成鳥 夏羽                        adult summer


c0071489_0452879.jpg

トウネン
2006年5月12日

成鳥 夏羽                        adult summer


指、足の太さ、長さがよくわかる。ニシトウネンと識別するとき体のプロポーションも大切な識別点の一つになります。
ニシトウネンは寸詰まりの体型で足が長く細くみえます。


c0071489_0453549.jpg

トウネン
2006年5月12日

成鳥 夏羽                        adult summer

トウネンの足。
ニシトウネンの足といつか画像で比較してみたい。


c0071489_0544549.jpg

トウネン
2006年5月12日

成鳥 夏羽                        adult summer

初列風切が摩耗が少なく成鳥というのがわかります。雨覆にも幼羽はみられません。
通常シギチの場合、内側中雨覆に幼羽が残るのが基本です。(私の観察では小雨覆にもよく幼羽が残っていますが)

第一回夏羽の初列風切の換羽は第二回冬羽まで換羽しない個体と、4月から6月の間に外側の初列風切を換羽する個体がいるそうです。(文献によると)
初列風切が摩耗していたり、初列風切の外側が新しく、内側が摩耗している場合第一回夏羽と判断できると思います。
成鳥の場合、冬羽の換羽で完全換羽しているため第一回夏羽の個体ほど初列風切は摩耗していません。

要するに第一回夏羽では、初列風切が全て摩耗しているパターンと、外側が摩耗が少なく内側が摩耗しているパターンがあるのではないかということです。
成鳥夏羽では第一回夏羽の個体ほど初列風切は摩耗していないはずです。
ただ私は野外で実際観察、撮影したことがないので、第一回夏羽の初列風切のパターンを撮影することが課題です。


第一回冬羽や第一回夏羽で一部の個体は外側の初列風切を換羽する種がしられています。私はミユビシギでも確認しています。


c0071489_0545397.jpg

トウネン
2006年5月12日

成鳥 夏羽                        adult summer


c0071489_15129.jpg

トウネン
2006年5月12日

第一回夏羽 ??                     first summer ??

トウネンの第一回夏羽は成鳥のような赤い夏羽の程度は不完全のようです。
この個体は5月に入ってもまだ冬羽が多く残っているため、第一回夏羽の可能性もあるかなと思います。ただ初列風切のパターンが観察撮影できていないのでよくわかりません。
この画像から第一回夏羽??とは無理があるかもわかりませんが問題提起の部分があります。こういう個体をもっと注意してみていただきたいためです。

ただ単に成鳥の換羽が遅い個体かもわかりませんが、5月に入ってこういう個体は要チェックです。


c0071489_152189.jpg

トウネン
2006年5月12日

第一回夏羽 ??                     first summer ??

上と同一個体




c0071489_1395044.jpg

トウネン
2006年5月3日
成鳥 夏羽                        adult summer



c0071489_1395620.jpg

トウネン
2006年5月3日
成鳥 夏羽                        adult summer



c0071489_1454072.jpg

トウネン
2006年5月3日
成鳥 夏羽                        adult summer




c0071489_145478.jpg

トウネン
2006年5月3日
成鳥 夏羽                        adult summer



c0071489_2611100.jpg

トウネン
2006年4月24日
成鳥 夏羽                        adult summer

この画像のように休んでいたり、越冬個体など体をちじこめているとプロポーションがニシトウネンに見えることがあるので注意が必要です。この個体は夏羽の羽衣からトウネンとすぐわかりますが。

c0071489_263767.jpg

トウネン
2006年4月24日
成鳥 夏羽                        adult summer

c0071489_264699.jpg

トウネン
2006年4月24日
成鳥 夏羽                        adult summer



c0071489_2144182.jpg


トウネン
2006年5月3日
成鳥 夏羽                        adult summer

c0071489_2144779.jpg

トウネン
2006年5月3日
成鳥 夏羽                        adult summer



カテゴリーを整理しました。
例えば横のカテゴリーからトウネンをクリックするとまとまって今までのトウネンが出てくるようになります。ページ一番下までいくと次のぺージをクリックすると次のトウネンが出てきます。本来はこういう使い方がよいみたいですね。他の方のブログをみてきずきました。大汗
以前から気づいていたのですが、なかなか整理ができなくて申し訳ございませんでした。
これでだいぶ過去の画像が見やすくなると思います。





人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2006-08-21 10:17 | トウネンRed-necked stint | Comments(8)

トウネン 5 Red-necked Stint 5

徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます


c0071489_20494150.jpg

トウネン    Calidris ruficollis
2006年5月3日
大阪

夏羽                           summer plumage

オーストラリア北西部でバンディングされた個体のようです。
山階のサイトでは右足に黄色いフラッグと金属リングがありますが、1999年まではこのつけ方で、それ以降はこの個体のように左足に金属リングがついているようです。
下の本に書いていました。

参照 谷津干潟を楽しむ干潟の鳥ウォッチング 石川勉

或る程度数字がわかるのでいつバンディングされたのか個体の同定ができるか山階に送ってみます!


c0071489_20495040.jpg

トウネン    Calidris ruficollis
2006年5月3日
大阪

夏羽                           summer plumage

c0071489_2050126.jpg

トウネン    Calidris ruficollis
2006年5月3日
大阪

夏羽                           summer plumage

c0071489_20502693.jpg

トウネン    Calidris ruficollis
2006年5月3日
大阪

夏羽                           summer plumage

24までは数字がわかります。その前は8かな?24のあとは9かな?

c0071489_2050351.jpg

トウネン    Calidris ruficollis
2006年5月3日
大阪

夏羽                           summer plumage

035とかいているようです。

c0071489_20504535.jpg

トウネン    Calidris ruficollis
2006年5月3日
大阪

夏羽                           summer plumage

69はわかりますね!
c0071489_2050578.jpg

トウネン    Calidris ruficollis
2006年5月3日
大阪

夏羽                           summer plumage

かなりぴんぼけですが、4の次は9かな?











追加画像
c0071489_23265236.jpg
c0071489_2327148.jpg


2006年5月16日
オーストラリアから返事がきたのですが、最後の数字が9か5かわからないが、最後の数字が9の場合と5の場合の返事をいただきました。

再度最後の数字がわからないかと画像を探したら見つかりました。
最後の数字がわかりました。9です。上の画像より。

035-69249 とこの足環の数字がわかりました。
この個体が2002年11月21日にオーストラリア北西部Roebuck Bay Broome でつけられたそうです。
付けられたと時の年齢が2+ (2歳過ぎという意味だろう。)

ということは今回観察したのが2006年だから6歳過ぎということになる。
年齢がわかってしまった!








人気blogランキング
クリックしていただけたら励みになります!他の人気ブログもご覧になれます
by shorebirds-waders | 2006-05-03 20:54 | トウネンRed-necked stint | Comments(4)

トウネン4 Red-necked Stint4

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます



c0071489_142171.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

トウネンの冬羽の画像は結構珍しく貴重だと思います。私はこの時期に見たのは2個体目です。冬羽だとまた違った印象を受けますね。



c0071489_1423027.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

この個体は尾羽より初列風切のほうが後ろにきている。(通常?はトウネンは尾羽が最も後ろにくる傾向がある、もちろんこの個体のように例外もある)


c0071489_23122180.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

c0071489_23125923.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

c0071489_23132920.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter



c0071489_23134281.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

雨覆いにも幼羽らしい羽もみあたらず、初列風切も摩耗が少ないので、成鳥だと思います。

尾羽の形状でも恐らくニシトウネンと識別できるのだと思いますが、冬羽ではどうなのかよく知りません。




c0071489_22435567.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

c0071489_23135093.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter



c0071489_2314450.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

c0071489_011171.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter
トウネン 左
シロチドリ 右


c0071489_0112662.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

トウネン 左
シロチドリ 右

c0071489_0223937.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

c0071489_0224821.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

c0071489_2211064.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

トウネンとハマシギの嘴の比較です。笑



c0071489_22514924.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

直接頭掻き


c0071489_22112820.jpg

トウネン
2006年1月12日

成鳥 冬羽                             adult winter

この画像でプロポーションがわかると思います。冬季は体を丸めてニシトウネンのように見えるときがあるから注意が必要です。
トウネンは胴が長く脚がみじかいです。逆にニシトウネンは胴が短く脚が細く長く見えます。
この体型の違いが一番ポイントかもわかりません。後は細部をチェックして総合的に判断するほうが良いようです。(個体差がおおいので、嘴が長めのトウネンもいますし)
夏羽、幼羽であれば、雨覆いの模様が異なるので、冬羽よりは手がかりが多くなります。














c0071489_2344135.jpg

トウネン
2006年1月26日
成鳥 冬羽                          adult winter

この日も、運よくトウネンを観察することができました。400羽近いハマシギの中から探すので
すぐ見失ってしまいます。汗
一月12日の個体と羽のパターンから同一個体です。

c0071489_23442120.jpg

トウネン
2006年1月26日
成鳥 冬羽                          adult winter



c0071489_2344324.jpg

トウネン
2006年1月26日
成鳥 冬羽                          adult winter


c0071489_23444192.jpg

トウネン
2006年1月26日
成鳥 冬羽                          adult winter





2005年の個体トウネン冬羽 Red-necked Stint 2005 winter plumage
by shorebirds-waders | 2006-01-15 01:44 | トウネンRed-necked stint | Comments(5)

トウネン3 Red-necked Stint 3

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます。


c0071489_21315359.jpg

トウネン  Calidris ruficolis
2005年1月20日
冬羽                  winter plumages


トウネンの冬羽です!マニアにはたまらない逸品です。笑
日本ではあまり観察することが難しい羽衣です。
関東の谷津干潟などでは越冬している個体もいると聞きましたが、関西では稀だと思います。
私も今回初めて観察しました。
見えている範囲では幼羽らしい羽はみあたりませんが、成長冬羽か第一回冬羽かわかりません。(見えていないところに幼羽が残っているかもわからない為)


c0071489_21321139.jpg

トウネン
2005年1月20日
冬羽                  winter plumages
上と同一個体

c0071489_2132221.jpg

トウネン
2005年1月20日
冬羽                  winter plumages
上と同一個体




人気blogランキング
クリックしていただけたら励みになります!他の人気ブログもご覧になれます
by shorebirds-waders | 2005-07-22 21:51 | トウネンRed-necked stint | Comments(0)

トウネン2 Red-necked Stint 2

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます!


人気blogランキング
クリックしていただけたら励みになります!他の人気ブログもご覧になれます



c0071489_22283925.jpg

トウネン
2004年10月1日
幼鳥                      juvenile


肩羽上段下列の2枚が冬羽。
肩羽に関して私の師匠が提案している上段、下段を使いたいと思います。
肩羽は上段3列と下段2列あります。段をつかうことにより、「上段の中列」や「下段の下列」
など列の特定が明確になります。

c0071489_22291046.jpg

トウネン
2004年10月1日
幼鳥                      juvenile


c0071489_22302270.jpg

トウネン
2004年10月1日
幼鳥                      juvenile
トウネンの幼鳥は以前からいわれているが個体差が非常に多い、この辺は注目されているし今後も研究されていってほしい。

この2個体をみても個体差があるのが充分わかると思います。









c0071489_11444085.jpg

トウネン
2004年10月14日
この個体は体型がニシトウネンに近く寸詰まりな体型だった。たまたま画像がそういうふにみえるのではなく。ただ羽衣、嘴の太さなどからトウネンだと思います。
中間的な個体も稀にいるので、注意が必要だし、おもしろいところでもあります。

上段の肩羽はだいぶ冬羽に換羽しています。上段上列、上段下列の一枚は幼羽がのこっています。下段の肩羽は幼羽です。雨覆いなども。









c0071489_12171854.jpg

トウネン
2005年9月5日大阪
幼鳥                              juvenile

c0071489_12173098.jpg

トウネン
2005年9月5日大阪
幼鳥                                juvenile
上と同一個体
上段肩羽3列が赤褐色味のある羽縁がある個体
この辺の模様が個体差がかなりあり興味深いところである。










c0071489_23244984.jpg

トウネン
2005年9月15日
幼鳥                                juvenile


c0071489_23245864.jpg

トウネン
2005年9月15日
幼鳥                                juvenile
上と同一個体
by shorebirds-waders | 2005-07-20 22:53 | トウネンRed-necked stint | Comments(0)

トウネン Red-necked stint

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます!


人気blogランキング
クリックしていただけたら励みになります!他の人気ブログもご覧になれます

c0071489_22502496.jpg

トウネン
2005年5月4日
成鳥 夏羽                   adult summer
この鳥もアメリカやヨーロッパには分布しないため日本人による調査、研究が必要です。
最近は興味をもってみているひとが多くなりいろんな個体差もインターネットなどでみれるようになりました。ただ今後も引き続き興味をもってみていただきたい鳥の1種です。
 実は私はトウネンを、まだあまりデジスコで撮影できていません。小さく動きが速いのでなかな満足に撮れません。デジスコではなかなか難しい被写体です。 泣

c0071489_225042100.jpg

トウネン
2005年5月4日
成鳥 夏羽                   adult summer


c0071489_22505656.jpg

トウネン
2005年5月4日
成鳥 夏羽                   adult summer
この頃は早起きして、近くのフィールドに通っていました。種類も個体数も多くはありませんが
減少の著しいシギチを自転車で通ってみれるのは幸せなのかもわかりません。
ただ私の画像の多くは他府県で撮ったものですが。










c0071489_236418.jpg

トウネン
2005年8月16日
成鳥夏羽

秋の渡りのトウネン、早期8月前半は成鳥が幼鳥より早く渡ってきます。

c0071489_2361512.jpg

トウネン 右 摩耗している夏羽

ミユビシギ左 成鳥夏羽→冬羽 
2005年8月16日
成鳥夏羽

トウネンとミユビシギはよく似ていますが、大きさがこんなに違います。
by shorebirds-waders | 2005-07-15 22:52 | トウネンRed-necked stint | Comments(0)