カテゴリ:キリアイ Broad-billed Sa( 4 )

キリアイ4 Broad-billed Sandpiper/Limicola falcinellus sibirica

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!


 ↓Please go to photos pages of species by click.

Species Index 1

Species Index 2
今までの掲載画像一覧です




2008年8月20日、21日の2日間で撮影したキリアイです。
合計3羽観察しました。2羽は夏羽から冬羽に換羽中の個体。1羽は幼鳥です。
夏羽から冬羽に換羽中の個体は今回初めて観察できました!!
キリアイの記録は幼鳥が多く、春に見られる夏羽や今回のような夏羽から冬羽に
換羽中の個体はかなり稀少です。
年齢識別をしている私にとっては、秋の幼鳥と今回の2個体の夏羽から冬羽への換羽中の
個体は、まったく意味合いが異なります。秋は圧倒的に幼鳥が多いのでキリアイといえば
秋の幼鳥のイメージが強いのですが、春のキリアイや、今回のような幼羽ではない
羽衣はかなり稀少で憧れの羽衣だったりします。またじっくり観察したい羽衣なのです。

今まで、秋に見られる夏羽から冬羽に換羽中の個体を見ると何も考えずに成鳥としていましたが、第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中個体の可能性もあります。
ただしその識別は、翼を広げた鮮明な画像がないと識別が難しく、しかもそれも全て識別
できるとは限りません。

今まではそこまで突っ込んで観察できませんでしたし、興味ももたれていませんでした。
ただ現在はデジタル機器の急速な進歩で翼を広げた鮮明な画像が撮れるチャンスが広がり
考察できます。このブログでは今まではバンダーの領域であった第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中の個体にも焦点をあてています。
(いや、実は年齢識別を広めようと20年以上前から提唱されていたかたがいました。それが
私の師匠です。私はその意志を引き継ぎ、現在のデジタル機器(デジスコ)でチャレンジして、ネットで広めようと試みているのです。しかもネットでは日本に限らず世界中でみてもらうことができます!)


例えば写真図鑑に成鳥とかかれているものでも第一回夏羽の個体が混じっているかも知れないということを知っていると、観察に幅ができます。図鑑はあくまでも基本(教科書)としてそこから
おのおのが独自の観察をしていくともっと楽しいのではないかと思います。
図鑑には個体差やバリエーション全て書くのは無理ですし、紙面の都合もありますから
識別記事でも全て網羅できるわけもありません。土台をしっかり図鑑で養い、後は図鑑と野外観察で自分の頭の中にさらに進化した自分だけの図鑑を構築していけばいいのではないかと思います。
野外観察と図鑑や鳥雑誌などを読むことをバランスよく繰り返すと非常に識別の上達が早いと思います。



以前キリアイで夏羽から冬羽に換羽中の個体は

KX2_Birder さんの
「鳥・撮り・トリミング
toritoring.exblog.jp」
で拝見したきりです。
2005年8月21日の記事で掲載されています。

鳥・撮り・トリミング
KX2_Birder さんより直リンクのご許可を得ましたのですぐに見れます↑
KX2_Birder さん ありがとうございました!






A individual

fist summer →second winter

c0071489_1347855.jpg

キリアイ
2008年8月21日
Limicola falcinellus sibirica
第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中          first summer → second winter

まずこの画像をみて幼鳥でないということがわかるかが最初のポイントです。
肩羽、上背の一部が冬羽(グレーの羽根)に換羽しています。
旧羽の雨覆、三列風切などをみるとかなり摩耗しています。
C個体と比べると羽根の摩耗具合がまったく異なることがわかると思います。
8月のこの頃ですと幼羽だとここまで摩耗しません。
また胸にもまだ夏羽が少し残っているのがわかります。

次は今までなら幼鳥でないということは成鳥の換羽中で終わっていたと思いますが
ここからは第一回夏羽から第二回冬羽に換羽中の個体ではないかと考察します。
ただしこの画像からだけでは判断できません。重要なポイントは翼に隠されいます。




c0071489_13472690.jpg


この翼を広げた画像のポイントが初列風切と、初列大雨覆(鳥体各部位は覚えましょう)
外側と内側でコントラストがあります。外側が黒っぽく、内側が茶褐色で色褪せています。
摩耗の程度が違うのが何とかわかるかと思います。(内側が摩耗した幼羽、外側が新羽根)
初列風切の内側は、画像を拡大してみると摩耗しているのがわかりました。
この画像からわかりやすいのは初列大雨覆のコントラストです。
実は、この初列大雨覆の換羽と初列風切の換羽は連動していると思っています。
以前白木さんにお借りして掲載したキリアイ1Sは、はっきりと初列大雨覆、と初列風切は
同じように外側が初列風切が換羽していたら、初列大雨覆も同様に外側が換羽していました。
この初列大雨覆については、実は新知見かもわかりません。BWPにもBTOにも初列大雨覆の外側と内側の換羽については書いていませんでした。
もっとサンプルを増やして確認していきたいところです。今のところこれはかなり使えるポイント
だと思っています。今回の個体も初列大雨覆が先に目が行き外側と内側で明らかに違う時期の羽根だと感じ、初列風切をみるとやはり内側がかなり摩耗して幼羽だとわかりました。

外側の初列風切を換羽しているタイプの1Sだと、初列大雨覆もこれからはチエックポイント
の対象となりました。
そう1Sの識別はまだまだわからないことが多く、かなりやりがいがあり価値があるのです!!!



c0071489_13475822.jpg





c0071489_8312652.jpg
c0071489_8314073.jpg


c0071489_13493345.jpg











B individual
c0071489_1348583.jpg

キリアイ
2008年8月20日
Limicola falcinellus sibirica
夏羽 → 冬羽                       breeding →non-breeding

こちらは別個体。
肩羽に換羽がこちらのB個体のほうがやや進んでいる。
この個体は翼を広げた写真が撮れなかったので、成鳥か、1Sから2Wに換羽中の個体か
わかりません。

c0071489_8172931.jpg
c0071489_8174773.jpg
c0071489_818350.jpg







C individual

juvenile
c0071489_1352642.jpg

キリアイ
2008年8月20日
Limicola falcinellus sibirica

幼鳥                                 juvenile

こちらは典型的な幼鳥。
まず幼鳥を確実に識別できるようになりましょう~
秋は幼鳥が多いので。







Limicola falcinellus  キリアイ
Broad-billed Sandpiper1
Broad-billed Sandpiper2
Broad-billed Sandpiper3
by shorebirds-waders | 2008-09-08 13:50 | キリアイ Broad-billed Sa | Comments(2)

キリアイ 3 Broad-billed Sandpiper/ Limicola falcinellus sibirica

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!


 ↓Please go to photos pages of species by click.

Species Index 1

Species Index 2
今までの掲載画像一覧です






Special Thanks;Mr.Nobuo Shiraki

この画像は、白木信生さんにお借りいたしました。白木さん、貴重な画像ありがとうございました!



first summer Broad-billed Sandpiper
c0071489_13135053.jpg

キリアイ
Limicola falcineollus sibirica
2008年5月25日
撮影 白木信生
第一回夏羽                                     first summer

今年の春、大阪で話題になったキリアイ夏羽。
キリアイは春の記録は基本的に少なく、秋の幼鳥の記録が圧倒的に多い。
私も今回初めて夏羽を見る事ができ感動しました。(実はずっとみたかったのです。)

去年(2007年)はかなり幼鳥の数が多い年だったが、そんな年もごく稀にあるようです。

{野鳥ものがたり ー京阪神の水辺の鳥ー 坂根 干 著 1982年 たたら書房}
によると昭和28年には8月下旬から10月中旬にかけて8回、計102羽を観察している。
この年には61羽の群れを見た日もあった。 という記述がありました。(この本は分布の面白さを書いているので一読をお勧めします。)

この個体は成鳥ではなく第一回夏羽の個体です。(去年生まれです。)
上の画像からは一見成鳥夏羽のように見えます。成鳥と殆ど変わらないくらい夏羽に換羽していますが、下の翼を広げた画像をみると答えがわかります。


c0071489_13143076.jpg

キリアイ
Limicola falcineollus sibirica
2008年5月25日
撮影 白木信生
第一回夏羽                                     first summer

まず見るべきポイントは初列風切です。英語でprimary と言いますので、頭文字をとってPと
略して書いたリします。
初列風切をみると外側(体から遠い方の羽根)と内側の初列風切(体に近い羽根)
にコントラストがわかると思います。外側の羽根は色も黒く、羽根の先端も丸みをおび
摩耗が少なく綺麗。
反対に内側の初列風切は色も茶褐色みがあり羽根の先端も尖り気味で
摩耗しています。この内側の初列風切が摩耗した幼羽とわかります。次列風切は全て幼羽が残っています。初列雨覆も内側は幼羽が残っています。

幼羽が残っているということはこの個体が若いということがわかり、第一回夏羽の個体だとわかります。
成鳥では同じ時期このような外側の初列風切の換羽を行いません。繁殖後の換羽(夏羽から冬羽の換羽)で完全換羽して全身の羽根を一新しているので、この個体のように外側と内側のコントラストは同時期ではみられません。

幼羽根の特徴(傾向)
幼羽根は構造上やや弱く摩耗しやすい。
風切や尾羽は幅が狭く、先端が尖りぎみの傾向がる。(成鳥の羽根は丸みがある。)



ここで一度第一回夏羽の羽衣についてすこし整理したいと思います。

第一回夏羽の羽衣は非常に変化が大きく(variable)
例えば外見上(静止時)大きく分けると3タイプに分けることができると思っています。

1、殆ど冬羽のままのようなタイプ
2、部分的に一部夏羽に換羽するタイプ
3、外見上成鳥夏羽と変わらないくらい換羽しているタイプ (私自身の観察では、オオハシシギやコアオアシシギで観察経験があります。)

これらは種により個体により非常に変化が大きく同一種でもこのような3タイプ見られることもあります。
基本的に3タイプとも翼を広げた鮮明な画像がないと年齢識別が難しい場合が多いです。
今回のキリアイも翼を広げた画像がないと外見上成鳥夏羽としか判断できないと思います。
しかも今回の個体は外側の初列風切を換羽しているので静止時外側の初列風切は見えていますが、換羽しているのでまったくわからないのです。


幼鳥のその後の初列風切の換羽も整理したいと思います。
初列風切の換羽も3タイプに分けることがでます。

1.初列風切は換羽せず、幼羽を残していく。(多くの個体、種ではこのパターンが多く、残った摩耗した幼羽から年齢識別が可能)
2.一部の種、個体では初列風切を全て換羽する。この換羽では成鳥との識別が困難になります。
3.外側の初列風切を換羽するタイプ。この換羽をする種や個体がいます。(残った内側の初列風切は摩耗していくので外側と内側のコントラストで識別ができます。)

上記の初列風切の換羽は同一種でもこのような1のタイプ、2のタイプ3のタイプの換羽をする
ことがあります。

第一回夏羽の個体はいままで関心があまりもたれておらず、また一部のバンダーの方の領域?だったので日本では情報が極端にすくないです。記事も写真も図鑑には殆どでていません。海外の文献では文章で第一回夏羽の個体の特徴などでていますが、海外でも写真は皆無で殆どみたこtがありません。

外側の初列風切を換羽するという記載は
日本では茂田さんの記事「BIRDER誌」1991年10月号「形態と識別 メリケンキアシシギとキアシシギ」の記事中でみたことしかありません。


私の中ではこの↓ミユビシギの個体との出会いで、初列風切を意識してみるようになりました。
この野外観察から不思議に疑問に思ったのでした。野外観察から得るものはやはり大きいです。
当初このミユビシギを見たとき基本的な換羽は知っているつもりでしたから第二回冬羽までは
部分的に幼羽を残していくことはわかっていました。だからこのミユビシギを見たときも
明らかに内側の初列が摩耗していたのでこれは幼羽で1Sだと即座に思いました。
ただ外側を換羽するとは知りませんでした。そこからいろいろ調べると、師匠にもご教示いただき意外と多くの種で中には外側の初列を換羽するのがいると知りました、そこから雨覆の摩耗より初列風切を注目するようになりました。
当時の記事をみても「私にはヘラシギ見たのと同じくらい貴重な個体だ」と書いていますが
今思ってもこの個体との出会いから大きく変わったような気がします。年齢識別の奥深さ、どこに注目すればいいのかなどここで大きく道が開けたよう気がします。
ミユビシギSanderling 4



換羽の基本的なことはこちらで↓
このブログの主訴



c0071489_1314483.jpg

キリアイ
Limicola falcineollus sibirica
2008年5月25日
撮影 白木信生
第一回夏羽                                     first summer



日本の図鑑で第一回夏羽の詳細な記載がある図鑑類はありませんので下記を参照します。
いずれの文献も外側の初列風切は換羽し、内側の残った幼羽とのコントラストが見られると記載があります。
BWPには、インドネシアにおいては4~5枚の外側の初列風切を換羽するとあります。日本と同一亜種のL.f.sibiricaで東シベリアで繁殖する個体郡と推測されます。
今回のこの個体も5枚換羽していますね。



BTO says 「1S  Contrast of worn inner and fresh outer primaries.Most attain SP」

The Shorebird Guide says 「Between early December and April a variable number of outer primaries are replaced.」



references
・Handbook of the Birds of Europe, the Middle East, and North Africa: The Birds of the Western Palearctic volumeⅢ1983
(通称BWPと略して言われたりします)

・Handbook of Australian, New Zealand & Antarctic Birds volume 3 1996

・BTO GIUDE 17
Guide to the identification and ageing of Holarctic Waders 1977

・The Shorebird Guide 2006



c0071489_13151958.jpg

キリアイ
Limicola falcineollus sibirica
2008年5月25日
撮影 白木信生
第一回夏羽                                     first summer

c0071489_13154063.jpg

キリアイ
Limicola falcineollus sibirica
2008年5月25日
撮影 白木信生
第一回夏羽                                     first summer


c0071489_13155911.jpg

キリアイ
Limicola falcineollus sibirica
2008年5月25日
撮影 白木信生
第一回夏羽                                     first summer



c0071489_1316215.jpg

キリアイ
Limicola falcineollus sibirica
2008年5月25日
撮影 白木信生
第一回夏羽                                     first summer












My photos
こちらは私のカス画像(苦笑) 
一応私も見る事ができたという証拠画像です。
c0071489_13165962.jpg

キリアイ
Limicola falcineollus sibirica
2008年5月25日
Nobuhiro Hashimoto
第一回夏羽                                     first summer



c0071489_13171746.jpg

キリアイ
Limicola falcineollus sibirica
2008年5月25日
Nobuhiro Hashimoto
第一回夏羽                                     first summer





Limicola falcinellus  キリアイ
Broad-billed Sandpiper1
Broad-billed Sandpiper2
by shorebirds-waders | 2008-07-01 13:17 | キリアイ Broad-billed Sa | Comments(4)

キリアイ2 Broad-biled Sandpiper2 / Limicola falcinellus



徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます
このブログの順位もあがるかもわかりません、応援よろしくお願いいたします!

 ↓Please go to photos pages of species by click.
Species Index
今までの掲載画像一覧です!




Broad-billed Sandpiper and Long-toed Stint
29 August 2007


A juvenile
c0071489_1864131.jpg

キリアイ
Limicola falcinellus sibirica
2007年8月29日撮影
幼鳥                                         juvenile

2007年秋はキリアイの渡来が、全国的に多かった年でした。
噂によりますと、大阪では40羽以上、九州では70羽以上、関東、東海地方では20羽
以上のキリアイが見られたそうです。
殆ど幼鳥だったそうです。(成鳥がいたとは聞いていませんが紛れ込んでいる可能性も多少あるかと思います。ただ秋の渡りはこれまでも幼羽の記録が殆どです。)

原因はよくわかりませんが、繁殖地が温暖化の影響なので、適した環境にあったのか?、大陸沿いのコースが台風などの影響でそれこちらに向かってきたのか?(勝手な想像です)
私は過去に一箇所で4羽のキリアイを見ましたが、今年は8羽のキリアイを見ました。

正面顔。英名の由来の嘴基部から先端まで幅が広いのがよくわかります。
独特の嘴で面白い。

c0071489_187262.jpg


c0071489_1872451.jpg

c0071489_18231095.jpg

どこが肩羽でどこが上背と悩むことがあるかもわかりませんが、上背と肩羽は、このように上背をたてるとその部位の箇所の違いがわかると思います。羽根を立てている箇所が上背です。
青色で囲ったところが肩羽です。


肩羽はシギの場合5列あります。上の3列ある肩羽を上部といったり、上方などと用語が統一がされていないようですが、ここでは私の師匠が提唱されている、段を使いたいと思います。
列を特定するために段は使いやすいためです。肩羽は年齢識別する際に重要な箇所でもあります。
上の3列を上段、下の2列を下段とし、
上段3列とし、下段2列とします。
例えば上段の真ん中の列をさす場合、上段中列に幼羽が残るなどと使います。

肩羽は、幼羽の場合、羽根が整然と並んでいることが多く、肩羽5列確認することが比較的容易です。ただし上段上列は非常に小さな羽根で、上背に隠れいることが多いです。

また換羽中の個体など幼羽以外の個体は、列の特定が難しい場合があります。

ここで重要なのはシギの場合、肩羽は5列あるということを知っていおいてください。

例えばこの画像を見たとき、肩羽上段、上列、中列の羽縁は茶色だとか特定して言えますね。




c0071489_1873892.jpg
c0071489_1875385.jpg

シギの上嘴は、嘴の先の辺りを支点にして反らすことがでできます。

c0071489_188582.jpg
c0071489_1882188.jpg
c0071489_1883644.jpg
c0071489_1885571.jpg
c0071489_189730.jpg
c0071489_1891710.jpg




B first winter

c0071489_013435.jpg

キリアイ
Limicola falcinellus
10月16日撮影
第一回冬羽に換羽中                          juvenile → first winter

今年は、キリアイが多かったので、こういった羽衣の個体がまだ残っているだろうと
有明海にいきました。案の定、まだ10羽以上のキリアイが残っていました。
成鳥はいませんでした。
日本ではほとんど幼羽ばかりなので、このように肩羽など第一回冬羽に換羽している個体は
珍しいです。こういった羽衣がみたくて有明海にいったので狙い通りでした。

c0071489_0135469.jpg


白い丸で囲ったところに幼羽が残っています、


c0071489_0142172.jpg



c0071489_0144210.jpg



c0071489_015491.jpg




c0071489_0151925.jpg

この画像でちょっと戸惑ったのが、キリアイの下背、腰は白くないはずなのに白く
見えていること。ただよく見れば下背のの先端の羽根は褐色に見えていますね。
ちょっと注意したいところです。


c0071489_0153747.jpg



c0071489_01663.jpg



c0071489_0162269.jpg


c0071489_0164735.jpg

キリアイの尾羽の画像は貴重です。
幼羽が残っています。
中央尾羽の一対(2枚)は軸班が黒い軸班が大きく、羽縁は茶褐色。

c0071489_0173064.jpg



c0071489_0174757.jpg



c0071489_018316.jpg


c0071489_0181927.jpg


c0071489_0184727.jpg




c0071489_019022.jpg




c0071489_019914.jpg




c0071489_0192027.jpg












C   first winter

c0071489_0194362.jpg

この個体はまた別個体。
肩羽が殆ど冬羽に換羽して雨覆に覆いかぶさっています。
小雨覆、中雨覆、大雨覆三列風切の一部に幼羽が残るが、冬羽が占める割合が大きいのでかなり見慣れない
羽衣になっていて非常に面白い。







D first winter

c0071489_01297.jpg

キリアイ
佐賀県 有明海
2007年11月9日撮影
この日は2羽のキリアイを見た。
第一回冬羽                                   first winter



c0071489_014679.jpg
c0071489_015921.jpg
c0071489_021476.jpg




過去の画像
Broad-billed Sandpiper1
by shorebirds-waders | 2007-10-22 18:09 | キリアイ Broad-billed Sa | Comments(2)

キリアイ1 Broad-billed Sandpiper1

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます!



c0071489_2356301.jpg

キリアイ  Limicola falcinellus
2005年8月30日撮影
幼鳥                                  juvenile
顔の模様と嘴が特徴的なシギです。
秋の幼鳥が圧倒的におおいです。春の夏羽はこの先見ることができるのでしょうか(個人的に)
稀に春も記録があるようです。

2亜種にfalcinellusとsibiricaにわけられているが、shorebirds によると
their geographical separations is as yet uncertain.
らしい。

c0071489_23542927.jpg

キリアイ
2005年8月30日撮影
幼鳥                                  juvenile
c0071489_23544461.jpg

キリアイ
2005年8月30日撮影
幼鳥                                  juvenile
c0071489_2355158.jpg

キリアイ
2005年8月30日撮影
幼鳥                                  juvenile

c0071489_23551258.jpg

キリアイ
2005年8月30日撮影
幼鳥                                  juvenile

c0071489_2355288.jpg

キリアイ
2005年8月30日撮影
幼鳥                                  juvenile

c0071489_23554389.jpg

キリアイ
2005年8月30日撮影
幼鳥                                  juvenile

c0071489_23555637.jpg

キリアイ
2005年8月30日撮影
幼鳥                                  juvenile

c0071489_23561332.jpg

キリアイ
2005年8月30日撮影
幼鳥                                  juvenile


c0071489_06585.jpg

キリアイ
2005年8月30日撮影
幼鳥                                  juvenile
この日は4羽みることができました!運が良かったのか、いるところにはいるのかよくわかりませんが、久しぶりにじっくり観察できました。
by shorebirds-waders | 2005-09-02 00:00 | キリアイ Broad-billed Sa | Comments(3)