カテゴリ:ヒバリシギ Long-toed Stin( 3 )

ヒバリシギ 3 Long-toed Stint 3 / Calidris subminuta

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます


 ↓Please go to photos pages of species by click.
Species Index


画像は全て同一個体です。

c0071489_14321152.jpg

ヒバリシギ
2007年5月16日
Caridris subminuta

夏羽                                summer plumage

ヒバリシギは、本州で春に見られるのは極稀だと思います。沖縄などでは多いようですが。
観察地は幼鳥が数個体越冬していたので、この個体は第一回夏羽の可能性が高い(羽衣からも)ただこの画像からだけでははっきりとした幼羽が見つけ出せないのでわかりません。
翼上面の翼を広げた画像が撮れればわかったかもわかりませんが。

肩羽が夏羽に換羽済み。
大雨覆、中雨覆は冬羽。


アメリカヒバリシギは日本でまだ確実な記録はないはずです、近々発見されるのではないかと
思っていますが、識別かなり難易度がたかいです。誰もが納得jする観察、撮影などなければ
難しいでしょうね~

c0071489_7482479.jpg

ヒバリシギ
2007年5月16日
Caridris subminuta

夏羽                                summer plumage

c0071489_2311225.jpg

ヒバリシギ
2007年5月16日
Caridris subminuta

夏羽                                summer plumage

後ろはタカブシギ、手前がヒバリシギです。ヒバリシギの小ささがわかるかと思います。本当に小型なシギです。

c0071489_23113726.jpg

ヒバリシギ
2007年5月16日
Caridris subminuta

夏羽                                summer plumage


c0071489_23115257.jpg

ヒバリシギ
2007年5月16日
Caridris subminuta

夏羽                                summer plumage
by shorebirds-waders | 2007-05-31 14:36 | ヒバリシギ Long-toed Stin | Comments(0)

ヒバリシギ2  Long-toed stint 2 / Chalidris subminuta

徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます

動画もできるようになったので試しに貼ってみました。





動画の画面をダブルクリックすると少し画面が大きくなります。
動作、行動と脚の長さを意識して見てください。
脚の長さの違いはアメリカヒバリシギとの識別に役立つと思います。





A Individual

4羽の越冬ヒバリシギを観察しています。



c0071489_2238413.jpg

ヒバリシギ
Calidris subminuta
第一回冬羽                            first winter
2006年11月21日

小雨覆に幼羽が残っています。
中雨覆は一部脱羽しているようです。
肩羽は冬羽に換羽しています。ヒバリシギの冬羽は軸班が他のシギに比べて比較的大きい。




c0071489_1915852.jpg

ヒバリシギ
第一回冬羽                            first winter
2006年11月21日

c0071489_19151854.jpg

ヒバリシギ
第一回冬羽                            first winter
2006年11月21日

c0071489_19154183.jpg

ヒバリシギ
第一回冬羽                            first winter
2006年11月21日


c0071489_1916231.jpg

ヒバリシギ
第一回冬羽                            first winter
2006年11月21日


尾羽の形状がわかる。この画像は今後いかされるでしょう。







c0071489_19261329.jpg

ヒバリシギ
第一回冬羽                            first winter
2006年11月21日



c0071489_19262598.jpg

ヒバリシギ
第一回冬羽                            first winter
2006年11月21日

ヒバリシギも上嘴の先端を反らすことができます。こいうのも意外と知られていないのと
あまりこういう画像を掲載する人はいないようなので、おいときます。笑




c0071489_22385517.jpg

ヒバリシギ
第一回冬羽                            first winter
2006年11月21日

脚が長いのがわかると思います。体を起こしてさらに脚が長く見えるポーズを撮ってくれていますが。笑
アメリカヒバリシギとの識別点の一つになると思いますので。
中趾も長いですね。
英名は指が長いことからきています。




c0071489_2239740.jpg

ヒバリシギ
第一回冬羽                            first winter
2006年11月21日




c0071489_1941415.jpg

ヒバリシギ
第一回冬羽                            first winter
2006年11月21日

何故こんな画像を載せてるのと聞かれそうなくらいの画像ですが、初列風切の形がわかるからです~笑

c0071489_1942632.jpg

ヒバリシギ
第一回冬羽                            first winter
2006年11月21日

何だか腰の羽(茶色い羽)も幼羽ではないかなと疑問に思ったためこの画像もおいときます。汗


c0071489_23185173.jpg

ヒバリシギ
第一回冬羽                            first winter
2006年11月30日

「おっと失礼~」









B individual


c0071489_2381776.jpg

ヒバリシギ
幼羽 → 第一回冬羽                  juvenile → first winte                           
2006年11月28


c0071489_238288.jpg

ヒバリシギ
幼羽 → 第一回冬羽                  juvenile → first winte          2006年11月28

雨覆に摩耗した幼羽が残る。
A個体に比べ幼羽が多く残る。三列風切、大雨覆、中雨覆、小雨覆の幼羽が残る。
一部肩羽にも幼羽あり。他の肩羽は冬羽。


c0071489_23203574.jpg

ヒバリシギ
幼羽 → 第一回冬羽                  juvenile → first winte          2006年11月28


c0071489_23204932.jpg

ヒバリシギ
幼羽 → 第一回冬羽                  juvenile → first winte          2006年11月28



c0071489_23324724.jpg

ヒバリシギ
幼羽 → 第一回冬羽                  juvenile → first winte          2006年11月28



c0071489_2333726.jpg

ヒバリシギ
幼羽 → 第一回冬羽                  juvenile → first winte          2006年11月28

c0071489_048545.jpg

ヒバリシギ
幼羽 → 第一回冬羽                  juvenile → first winte          2006年12月21日

1ヶ月後の同一個体、まだ幼羽が変わらず残っている。換羽は個体差があるが、この個体は
少し換羽が遅い。もう少し雨覆なども換羽していてもおかしくない時期だと
思うのだが。笑












C individual


c0071489_9125996.jpg

ヒバリシギ
2006年11月21日
第一回冬羽                                  first winter


三列風切に茶色の羽縁があり幼羽だと思われる。他は冬羽に換羽している。


c0071489_9222638.jpg

ヒバリシギ
2006年11月21日
第一回冬羽                                  first winter

c0071489_932376.jpg

ヒバリシギ
2006年11月21日
第一回冬羽                                  first winter










D individual

c0071489_9365770.jpg

ヒバリシギ
2006年11月28日
成鳥 冬羽?(第一回冬羽?)                      adult winter ?

幼羽らしい羽は見当たらない。三列風切も摩耗も少なく、茶色みも少なく冬羽と思う。
翼を広げなければわからないが、この状態では幼羽は見あたらないので成鳥の可能性がある。(換羽の早い第一回冬羽の可能性もある)


c0071489_9444194.jpg

ヒバリシギ
2006年11月28日
成鳥 冬羽?(第一回冬羽?)                      adult winter ?

c0071489_9574054.jpg

ヒバリシギ
2006年11月28日
成鳥 冬羽?(第一回冬羽?)                      adult winter ?

ヒバリシギの特徴がよくでています。脚が長い。中趾が長い。
餌のとり方を、この画像と併せて動画を見ていただいたらよくわかると思います。
アメリカヒバリシギとの識別に参考になるはず~!
by shorebirds-waders | 2007-02-07 22:41 | ヒバリシギ Long-toed Stin | Comments(0)

ヒバリシギ 1 Long-toed Stint 1

徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます





c0071489_22171381.jpg

ヒバリシギ   Calidis subminuta
2006年2月23日撮影
成鳥冬羽 ?                           adult winter ?

ヒバリシギはヨーロッパやアメリカには分布しないのでこのシギも日本人が各羽衣の違い
個体差、換羽等調べることはたくさんあると思います。


沖縄などでは、一部越冬している個体がいるそですが、本州では稀だと思います。
冬羽の年齢での違い、個体差等知りたいことはたくさんあります。


越冬個体を観察しました。三列風切、大雨覆、中雨覆、小雨覆、肩羽など幼羽らしい羽は見当たらないので、おそらく成鳥の冬羽だと思われる。
ヒバリシギも冬羽はなかなか見られないので実は観察できて非常にラッキーでした。

c0071489_2394999.jpg

ヒバリシギ   Calidis subminuta
2006年2月23日撮影
成鳥冬羽 ?                           adult winter ?


肩羽、上段の羽が軸班がやや太い。
この個体、何故か胸の羽が一部脱羽しています。


この姿勢をみると足が長くスタイルがいいですね。足が長いので餌を捕るときはは前傾姿勢になりやすいです。これもアメリカヒバリシギとの識別ポイントの一つです。アメリカヒバリシギはヒバリシギほど足が長くないので。


c0071489_21424723.jpg

ヒバリシギ   Calidis subminuta
2006年2月23日撮影
成鳥冬羽 ?                           adult winter ?

後ろから見ると肩羽の軸班が太いのがよくわかります。この個体は肩羽、上段の中列、下列か特に軸班が太い。

冬羽ではこの軸班の太さが、アメリカヒバリシギとの識別点の一つになるようです。
ヒバリシギは冬羽の肩羽の軸班が太い傾向があり、アメリカヒバリシギではヒバリシギほど太くない。



c0071489_8335346.jpg

ヒバリシギ   Calidis subminuta
2006年2月23日撮影
成鳥冬羽 ?                           adult winter ?

足が長いのでこういった前傾姿勢になりやすい。


c0071489_2143892.jpg

ヒバリシギ   Calidis subminuta
2006年2月23日撮影
成鳥冬羽 ?                           adult winter ?

ヒバリシギは、中趾が嘴より長い傾向があり、アメリカヒバリシギは中趾と嘴の長さが同じくらい。


c0071489_22515820.jpg

ヒバリシギ   Calidis subminuta
2006年2月23日撮影

ヒバリシギは、アメリカヒバリシギより中趾が少し長い。


少し文献を調べると
Helm社のshorebirdsをみると、中趾の長さが
ヒバリシギ           20~23mm
アメリカヒバリシギ      16~19mm
とあります。

これをどう見るかですが、見方をかえるとヒバリシギの最小値とアメリカヒバリシギの最大値は
1mmしかかわりません。オーバーラップはしていないのですが、まぎらわしい個体もいるかもわからないので、他の識別点と総合的に判断した方が良いように思います。

しかしヒバリシギとアメリカヒバリシギは本当に酷似していますね。これくらいにてくると、年齢識別が生きてくると思います。まず識別するのにその鳥が成鳥なのか幼鳥なのか、或いは夏羽から冬羽に換羽中なのか、幼鳥から冬羽に換羽中なのか判断しそこから識別していくと解決の早道になると思います。
ただ各羽衣ともよく似ていますが。笑
もうひとつは形態の違いヒバリシギは足が長い(中趾もそうでうすが)のでプロポーションが違うと思います。この変はトウネンとニシトウネンの識別と近いものがあると思います。



c0071489_21535246.jpg

ヒバリシギ   Calidis subminuta
2006年2月23日撮影
成鳥冬羽 ?                           adult winter ?

この画像は額の暗色部が嘴基部に達しているのがわかります。
アメリカヒバリシギでは嘴基部まで達さない傾向があります。
ただこれも観察状況や個体差、摩耗等で異なって見えることもあると思うので
他の識別点と総合的に判断した方が良いと思います。

c0071489_215472.jpg

ヒバリシギ   Calidis subminuta
2006年2月23日撮影
成鳥冬羽 ?                           adult winter ?


これぞdetailかな!偶然撮れた一枚です。本当は顔のアップが撮りたかったのですが。

c0071489_2155764.jpg

ヒバリシギ   Calidis subminuta
2006年2月23日撮影
成鳥冬羽 ?                           adult winter ?

コチドリとヒバリシギの大きさの比較。本当に小型のシギです。
チョコチョコ動いて撮影は大変なシギです。汗





















c0071489_1094167.jpg

ヒバリシギ
2006年3月27日
成鳥 冬羽                              adult winter

後日、上と同一個体をまた観察しました。

c0071489_1094787.jpg

ヒバリシギ
2006年3月27日
成鳥 冬羽                              adult winter


c0071489_10101382.jpg

ヒバリシギ
2006年3月27日
成鳥 冬羽                              adult winter


c0071489_10101989.jpg

ヒバリシギ
2006年3月27日
成鳥 冬羽                              adult winter


c0071489_10102641.jpg

ヒバリシギ
2006年3月27日
成鳥 冬羽                              adult winter



c0071489_10103242.jpg

ヒバリシギ
2006年3月27日
成鳥 冬羽                              adult winter

何か小魚?をつかまえた!



人気blogランキング
クリックしていただけたら励みになります!他の人気ブログもご覧になれます
by shorebirds-waders | 2006-02-24 22:19 | ヒバリシギ Long-toed Stin | Comments(4)