<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オオハシシギ 4 Long-billed Dowitcher

徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます


別の県で撮影した個体です。3個体越冬し夏羽に換羽するまでいました。
ただこの個体たちは見つからない時もあったので、先のA、B個体よりじっくり観察はできませんでした。

c0071489_061078.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
2006年2月23日

c0071489_06254.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
2006年2月23日

成鳥冬羽                            adult winter

肩羽と雨覆、三列風切など羽の色、摩耗がほぼ均等。

下の第一回冬羽では肩羽と雨覆の色が異なり、摩耗の違いも明らかです。
冬羽は白っぽいグレー、幼羽は茶褐色で摩耗している。

c0071489_063398.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
2006年2月23日

第一回冬羽                           first winter

下段肩羽に黒っぽい羽がありこれが幼羽。他の肩羽は冬羽
雨覆に幼羽が残る。(肩羽の冬羽と比べて茶褐色みがある。)

c0071489_064134.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
2006年2月23日

第一回冬羽                           first winter

肩羽が冬羽に換羽している。
三列風切、大雨覆、中雨覆、小雨覆とすべて幼羽が残る。


c0071489_0283593.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
2006年4月13日


夏羽に換羽中



人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2006-07-29 00:12 | オオハシシギ Long-billed D | Comments(0)

オオハシシギ 3 Long-billed Dowitcher

徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます


c0071489_10242020.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
A個体
2006年5月8日

c0071489_10242980.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
A個体
2006年5月8日

オオハシシギとアメリカオオハシシギの最近の識別の研究では
嘴、基部の形、ラインが違うことがのべられています。

嘴前方から嘴基部に向かうラインがアメリカオオハシシギでは傾斜がより強くなり
嘴基部が太くなっている。対して、このオオハシシギの場合嘴基部に向かう傾斜が
アメリカオオハシシギほどではなくて太くなっている。
どちらも嘴基部は太くなっているが嘴の根元でよりアメリカは傾斜が強くなり太くなっている。

試しにこの識別ポイントを使ってインターネット国内外の画像を見ると結構使えるので皆さんも
少し意識して比べてみてください。特に冬羽では羽衣では識別困難ですが、これは冬羽にも使えます。
もちろん写真の精度、角度が悪くかったり、難しい個体もいるので100%これで識別できるわけではありませんが、他の識別ポイントも考慮にいれてみるとより精度が増すと思われます。





以下のサイトにより詳しい記事がありますので、英語のできる方は目を通してみてください。
Reference
Surfbirds.com ID Articles

注意
上をクリックしていただいてID Articles の真中くらいにshorebirds がありその下の
• New ID Notes of Dowitcher Bills by Pekka Sarvela
と書いているところをクリックするとそこに記事があります。

c0071489_10243651.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
A個体
2006年5月8日

こちらはオオハシシギとアメリカオオハシシギの目の位置の違いです。
嘴の根元を始点とした時、目の位置とにできるCの角度がアメリカオオハシシギではより角度がついており
オオハシシギではアメリカオオハシシギほど角度がつかないようです。一部この角度は重複するようですが。

これは顔つきが違うということになります。これは先の嘴基部の傾斜ほどは識別ポイントとして使えませんが、多いに参考になります。

我々日本人にはオオハシシギとアメリカオオハシシギを見比べながら野外で観察する機会がほとんどありませんから少し難しいかもわかりませんが。


顔の印象というのは他のシギチでも充分使えるので、考慮にいれて識別すると良いように思います。頭の形、目の位置、嘴の位置、大きさ、各パーツの配置など,
その種「らしさ」が結構あらわれます。




他にも詳しい記事がありますので興味のある方は以下を参照してください。
Reference
Surfbirds.com ID Articles




c0071489_1025383.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
B個体
2006年5月8日
正面顔


c0071489_10244637.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
B個体
2006年5月8日

顔で思い出したのですが、意外と正面顔は「その種らしさ」がでるので
よく似た種でも正面顔をたくさん並べてみると違いがわかってくると思います。

シギチの正面顔ばっかり並べてどのように違うか精査すると新しい識別ポイントが発見されるかもわかりませんね。


c0071489_10251660.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
A.B個体
2006年4月13日

c0071489_10252636.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
A.B個体
2006年4月13日

直接頭掻き




c0071489_2385737.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
A個体
2006年4月13日

c0071489_2391054.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
B個体
2006年4月13日



c0071489_10253427.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
A.B個体
2006年4月13日

珍しい瞬間 舌がみえています。


c0071489_23102171.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
A個体
2006年5月8日


c0071489_22415897.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
A個体
2006年5月8日

尾羽も意識してねらっていました。尾羽に幼羽が残っていないかよく見るのですがなかなか難しくてよくわかりません。中央尾羽のすぐ右側の羽が先端がやや摩耗しているので幼羽なのか
??よくわからないので今後も尾羽は要チエックで観察していきたいと思います。

中央尾羽は夏羽に換羽しています。左側の外側尾羽も赤みがあり夏羽のようです。

c0071489_23103488.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
B個体
2006年5月8日


c0071489_22413778.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
B個体
2006年5月8日
こちらの個体も中央尾羽は夏羽に換羽しています。他のお羽は摩耗していないので冬羽だと思います。

c0071489_7193752.jpg

オオハシシギ Limnodromus scolopaceus
A,B個体
2006年5月8日



人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2006-07-27 10:34 | オオハシシギ Long-billed D | Comments(2)

オオハシシギ 2 Long-billed Dowitcher

徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます


同一個体を2個体、ずっと観察できたので第一回冬羽から第一回夏羽に換羽するまでの変遷を掲載します。オオハシシギの第一回夏羽の個体は成鳥夏羽とほとんど変わらないことがわかりました。初列風切に幼羽が残るので摩耗がみられますが、かなりじっくり観察し翼を広げた写真を撮らないとなかなか年齢識別は難しいでしょう。


オオハシシギ2個体をA個体、B個体に分けます。
c0071489_041166.jpg

オオハシシギ  A個体
Limnodromus scolopaceus
2006年1月12日

幼羽 → 第一回冬羽                   juvenile → first winter

わかりやすいのは肩羽下段に幼羽の黒っぽい羽が3枚ほど残る。三列風切の内側は冬羽(画像の一番上の羽)、大雨覆、中雨覆も一枚は冬羽、他の雨覆は幼羽が残る。


c0071489_0412318.jpg

オオハシシギ  A個体 
Limnodromus scolopaceus
2006年3月20日

第一回冬羽                             first winter


c0071489_041295.jpg

オオハシシギ  A個体
Limnodromus scolopaceus
2006年3月27日

第一回冬羽 → 第一回夏羽                      first winter → first summer

雨覆が8枚くらい夏羽に換羽しだしている。

c0071489_041367.jpg

オオハシシギ  A個体
Limnodromus scolopaceus
2006年4月6日
第一回夏羽                          first summer

肩羽や体羽にも夏羽に換羽しだした。
3月下旬から4月上旬に急速に換羽が進んでいるのがよくわかる。


c0071489_0414513.jpg

オオハシシギ  A個体
Limnodromus scolopaceus
2006年4月13日

第一回夏羽                           first summer

だいぶ夏羽に換羽が進んでいる。顔がまだ赤みが少ない。

c0071489_0415589.jpg

オオハシシギ  A個体
Limnodromus scolopaceus
2006年4月24日

第一回夏羽                               first summer


4月下旬にはこのように夏羽に換羽した。

c0071489_042538.jpg

オオハシシギ  A個体
limnodromus scolopaceus
2006年5月8日
第一回夏羽                                first summer

オオハシシギの夏羽なんて関西ではほとんどみれない、私にとってずっと憧れの羽衣でした。
この夏羽をみたくて以前茨城県のほうまであてもなくいったことがあります。(もちろん空振り)

今年は遠征してこの場所で2個体、もう一つの場所で3個体、合計5個体観察できました。
越冬個体でした。
じっくり観察できたのはこの2個体です。


c0071489_0421332.jpg

オオハシシギ  A個体
Limnodromus scolopaceus
2006年5月8日
第一回夏羽                                  first summer

この画像、或いは5月頃にこんな羽衣みたら成鳥の夏羽にしかみえませんが、
第一回冬羽からずっと観察してきたので第一回夏羽の個体とわかります。

オオハシシギの第一回夏羽は成鳥夏羽とほとんどかわらないことがこの観察からわかりました!

下の画像から初列風切に摩耗がみられ、幼羽が残っていることがわかるのでそれからも第一回夏羽とわかります。




c0071489_0423084.jpg

オオハシシギ  A個体
Limnodromus scolopaceus
2006年5月8日
第一回夏羽                                first summer


c0071489_0423726.jpg

オオハシシギ  A個体
Limnodromus scolopaceus
2006年5月8日
第一回夏羽                                first summer

オオハシシギも換羽は幼羽から第一回冬羽そして第一回夏羽と部分換羽なので、幼羽が一部残ります。そして初列風切は幼羽のままなのでこのように摩耗が見られます。
初列風切の、特にP7からP10が摩耗しているのがよくわかります。(初列風切は全て幼羽が残っています。)

成鳥の場合は冬羽で完全換羽しているので、(もちろん初列風切も換羽している)
初列風切にはこの時期まだこのような摩耗は見られないはずです。
春の個体は初列風切の摩耗の差で成鳥か第一回夏羽か或る程度判断できます。

中央尾羽は夏羽に換羽している。












B個体
c0071489_11524739.jpg

オオハシシギ B個体
Limnodromus scolopaceus
2005年11月18日
幼羽 → 第一回冬羽             juvenile → first winter


c0071489_11525631.jpg

オオハシシギ B個体
Limnodromus scolopaceus
2006年3月20日
第一回冬羽 → 第一回夏羽                  first winter → first summer

三列風切、大雨覆の一枚が夏羽に換羽している。
c0071489_1153471.jpg

オオハシシギ B個体
Limnodromus scolopaceus
2006年3月27日
第一回冬羽 → 第一回夏羽                  first winter → first summer

c0071489_1153165.jpg

オオハシシギ  B個体
Limnodromus scolopaceus
2006年4月6日

第一回冬羽 → 第一回夏羽                  first winter → first summer

c0071489_115329100.jpg

オオハシシギ  B個体
Limnodromus scolopaceus
2006年4月13日

第一回冬羽 → 第一回夏羽                  first winter → first summer


c0071489_11534057.jpg

オオハシシギ B個体
Limnodromus scolopaceus
2006年4月24日

第一回夏羽                           first summer

c0071489_11535050.jpg

オオハシシギ  B個体
Limnodromus scolopaceus
2006年5月8日

第一回夏羽                            first summe

5月8日がA個体、B個体ともに終認でした。5月12日にはもういなかったのでこの間に旅立っていたと思われます。


c0071489_833511.jpg

オオハシシギ  B個体
Limnodromus scolopaceus
2006年5月8日

第一回夏羽                            first summe

c0071489_8332237.jpg

オオハシシギ  B個体
Limnodromus scolopaceus
2006年5月8日

第一回夏羽                            first summe

c0071489_8333243.jpg

オオハシシギ  B個体
Limnodromus scolopaceus
2006年5月8日

第一回夏羽                            first summe

人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2006-07-24 00:52 | オオハシシギ Long-billed D | Comments(2)

オオソリハシシギ 4 Bar-tailed Godwit 4

徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます



なかなか画像整理が進みませんが、忘れないようにこの画像から。2005年の画像です。汗
c0071489_1642386.jpg

オオソリハシシギ    Limosa lapponica baueri
2005年4月8日
第一回冬羽 → 第一回夏羽                 first winter → first summer

こういう個体をたくさん撮りたいのです!このブログの、私の目的でもあります。


c0071489_16322838.jpg

オオソリハシシギ    Limosa lapponica baueri
2005年4月8日
第一回冬羽 → 第一回夏羽                 first winter → first summer

初列風切が幼羽のままで摩耗がみれれる。(P6,P7あたりが茶褐色で摩耗しているのがわかりやすい)
中雨覆の外側が幼羽で羽軸だけになってかなり摩耗している。(最初大雨覆かと思ったのですが、よく見ると中雨覆ですね。)内側のグレーの羽、3枚は冬羽。


c0071489_1644682.jpg

オオソリハシシギ    Limosa lapponica baueri
2005年4月19日
第一回冬羽 → 第一回夏羽                 first winter → first summer

撮影日は違いますが上と同一個体です。
小雨覆も一部茶褐色の摩耗した幼羽が残っているのがわかります。


c0071489_1645625.jpg

オオソリハシシギ    Limosa lapponica baueri
2005年4月19日
第一回冬羽 → 第一回夏羽                 first winter → first summer

矢印の個体です。この個体、画像からだと一部小雨覆も幼羽が残っているのがわかります。
初列風切も茶渇色で摩耗しているのがわかります。
上の個体と比べると摩耗の違いがよくわかると思います。上の個体は成鳥。
成鳥では冬羽の換羽では完全換羽なので、体羽、風切など全て換羽します。
だからまだこの時期だとそれほど摩耗が見られません。

逆に若い個体は、幼羽から第一回冬羽の換羽は部分換羽で、第一回夏羽も部分換羽です。 
だから残っている幼羽はこの個体のように摩耗しているので年齢識別が可能になります。
もちろん難しい個体も多いですが。


換羽についてはこちらへこのブログの主訴





人気blogランキング
クリックしていただけたら励みになります!他の人気ブログもご覧になれます
by shorebirds-waders | 2006-07-12 17:01 | オオソリハシシギ Bar-tailed | Comments(6)