<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アオアシシギ 3 Greenshank


徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます



A
c0071489_23191688.jpg

アオアシシギ
2006年5月17日

成鳥夏羽                                 adult summer

今回は、私の個人的な見方を書いてみます。
まずこの鳥の全体像をみます。

このシギの分布を確認します。
私がよく見るのは、 日本の野鳥590 平凡社
この図鑑は分布図がわかりやすいのでこれをみて確認します。
日本未記録の種などは Helm 社の SHOREBIRDS 1986年( 世界のシギチの絵の図鑑)
を見ます。
分布を見ると世界に広く分布しているんだなとわかります。そして次に気づきます、あっ
北米大陸、南米大陸には生息しないんだと、アメリカでは珍鳥なんだなとわかります。
でもそのかわりにといってはなんですが、アメリカには アオアシシギ によく似た オオキアシシギ というのが生息しています。日本には逆に迷鳥としてやってきます。同じようなことは タカブシギ と コキアシシギ についてもいえるかもわかりません。分布図はこういうふうに想像を膨らませることができおもしろいです。こないだ関東ででた コシジロウズラシギ なども、珍鳥はまずどこからきたのか分布をみます。こういうところに分布しているのが日本にきたのかと確認します。


シギチ好きな人は、日本初記録のシギチを見つけだしたいと考えています。分布図をみてこのシギチなら今後日本でも迷鳥として、くるかわからないな~とか考え、思いをはせています。

次に分布が広いということは何亜種かにわけられているのではないかと想像し、チェックします。(亜種は研究者によって亜種数が異なったりすることがあります。)
ここでは一般的に先ほどの SHOREBIRDS でチエックします。亜種は認められていないことがわかります。ただ中央シベリアで繁殖している個体群は翼の測定値がやや長いということが書いています。こういう場合は他の海外の文献もチェックします。

次に春に見るシギチは年齢識別は非常に難しい種が多いです。でもその分まだよくわかっていないことが多いので試みがいがあります。
春にチェックするのは成鳥夏羽なのか、第一回夏羽なのかを意識してチェックします。
ポイントは幼羽が残っているかどうかです。通常幼羽が残っているのは内側中雨覆、初列風切
、尾羽の一部などが基本です。ただ換羽は非常に複雑なものですから換羽の進行状況や個体差など難しいめんももちろんあります。幼羽がのこる部位も異なる時があります。
ただ成鳥は冬羽の換羽で完全換羽しているのが基本ですから、春には幼羽ほど摩耗していません。残っている幼羽は成鳥より摩耗がひどいはずなのでその辺をみます。
一番良いのは翼を広げているところをできるだけ鮮明に大きく撮ることです。かなり難易度が高いですが。
第一回冬羽(第一回夏羽)の初列風切の換羽は、或る特徴が見られる場合があります。それは一部の種や個体などは外側の初列風切を換羽し、内側はそのままなので初列風切にコントラストがみられます。
内側が摩耗し外側が綺麗ということです。成鳥は内側から換羽していきます。
アオアシシギでも一部の個体ははそういうデータがあるようです。(海外で)










c0071489_23193349.jpg

アオアシシギ
2006年5月17日
成鳥夏羽                                 adult summer


c0071489_23194141.jpg

アオアシシギ
2006年5月17日
成鳥夏羽                                 adult summer




c0071489_23194832.jpg

アオアシシギ
2006年5月17日
成鳥夏羽                                 adult summer


















B
c0071489_23204227.jpg

アオアシシギ
2006年4月24日


c0071489_23204767.jpg

アオアシシギ
2006年4月24日















C
c0071489_23205563.jpg

アオアシシギ
2006年4月24日


c0071489_2321342.jpg

アオアシシギ
2006年4月24日
















D
c0071489_23211414.jpg

アオアシシギ
2006年4月24日


BからDは同じ日に撮影したものですが換羽状況が少しずつ異なるのがわかると思います。

足の色は注意が必要で、アオアシシギという和名なので足が青いと思われがちですが、結構黄色っぽい個体も多いので注意してください。足が黄色いのでオオキアシシギではないかと思われたりする場合がありますが、足の色だけで判断すると危険なのがわかるとおもいます。




人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2006-10-18 23:25 | アオアシシギ Common Greens | Comments(2)