<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ニシトウネン(ヨーロッパトウネン) Little Stint /Calidris minuta


徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます
このブログの順位もあがるかもわかりません、応援よろしくお願いいたします!

 ↓Please go to photos pages of species by click.
Species Index
今までの掲載画像一覧です!


動画の画面上をダブルクリックすると少し大きな画像で見れます。

Little Stint
Japan 6 September 2007
翼を広げた後、浅瀬にいくと足の長さ、細さがやくわかります。



Little Stint and Red-necked Stint
Japan 6 September 2007


Little Stint
Japan 6 September 2007


Little Stint
Japan 6 bSeptember 2007
left( Little Stint)
Rright(Red-necked Stint)



Little Stint
Japan 6 bSeptember 2007
Little Stint And Red-necked Stint


c0071489_8153640.jpg

ニシトウネン(ヨーロッパトウネン)
Calidris minuta
2007年9月6日
幼鳥                                         juvenile

偶然トウネンの群れの中から見つけました。幼羽で典型的な個体だったので
比較的わかりやすかったです。大雨覆、三列風切まで黒い軸班が大きく羽縁が赤みがあり
、一見ヒバリシギの幼羽のような明瞭なコントラストがあり何度か見失ってもすぐにみつかりました。上背と肩羽上列の境にできる白いV字状のラインが明瞭、寸詰まりの体型で足も細く長い、餌を捕るときの前傾姿勢、首が細く長い、嘴がながく先が尖り気味など、いずれの傾向もニシトウネンの傾向を示していました。




識別は、ニシトウネン、トウネン共にバリエーションがかなりありますので
一箇所の識別点ではなく、体型、行動、細部の特徴などから総合的に判断するのがよいと思います。時に中間的な個体や特徴も重複する個体がおり識別に悩む個体もいます。そういう個体は今後の為の教材にし、ストックしておきましょう!



c0071489_8155078.jpg


この個体は、トウネンに追い払われているところを数回観察した。

c0071489_8162620.jpg




c0071489_8164418.jpg




c0071489_817691.jpg




c0071489_8171895.jpg


幼羽の場合、
ニシトウンネンの中央尾羽の2枚(一対)の淡色の羽縁はトウネンより太い傾向がる。
この個体は淡色の羽縁が太くニシトウネンの傾向を示す。

参照文献
Guide to the identification and ageing of Holarctic Waders 1977
BIRDER 1994 10月号 形態と識別 トウネンとニシトウネン(2) 

c0071489_8173059.jpg


ニシトウネンでは中央尾羽はトウネンより突出しない。
トウネンでは中央尾羽が突出する傾向がある。

この識別点は調査等で手に取った時にわかることで野外ではここまではわからないが
写真に写ってていたりすると後から確認できることがある。(写真の写り具合、角度もあるので要注意ですが)
これも傾向をしめすということで、淡色の羽縁同様、一箇所だけでの識別はしないように
他の特徴とあわせて総合的に判断するのがいいです。




c0071489_8174959.jpg


個人的にはこの画像が一番ニシトウンネンらしらがでていると感じます。
足の長さ(細さ)、寸詰まりの体型、首の長さ、副眉班が明瞭など。
肩羽、雨覆、三列風切の軸班が大きく、羽縁がはっきりしており、各羽根のコントラストが強い。


c0071489_8175970.jpg



c0071489_12562024.jpg

肩羽と上背にでる白いV字の線がニシトウネンでは目立つ傾向があります。(トウネンもまれに
目立つ個体がいるので他の識別点と総合的に判断してください)
ニシトウネンの
脚の長さが際立ちます。


c0071489_12563455.jpg


ニシトウネンと、今年何故か非常に多かったキリアイです。
あまりいい画像ではありませんがこの2ショットもこれからのシギチ人生のなかでもそうないと
思いますので掲載しておきます。笑



Japan 6 September 2007
Broad-billed Sndpiper and Little Stint
キリアイとニシトウネン(ヨロネン)の動画です。貴重!?
一番最初に写るのがキリアイ、その後ニシトウネンです。
by shorebirds-waders | 2007-09-20 08:18 | ニシトウネン | Comments(6)

コシジロオオソリハシシギ Bar-tailed Godwit / Limosa lapponica menzbieri


徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます
このブログの順位もあがるかもわかりません、応援よろしくお願いいたします!

 ↓Please go to photos pages of species by click.
Species Index
今までの掲載画像一覧です!



c0071489_22313281.jpg

コシジロオオソリハシシギ
Limosa lapponica menzbieri
2007年9月12日
佐賀県大授搦

幼鳥                               juvenile

コシジロオオソリハシシギ 聞きなれない名前だと思いますが、独立種ではなく
オオソリハシシギの1亜種です。
以前から数回観察しているのですが、今回やっと確認できる画像が撮影できました。

和名がコシジロオオソリハシシギですが、腰はオオソリハシシギ L.l.baueriでも白っぽいのがいますので
下背が白っぽいか注意して観察してください。

念のため下記で取り上げていますHPの、ニュージーランドのPhil Battley 氏
オーストラリアの Danny Rogers 氏にも確認していただきました。
「menzbieriでまったく疑がいがなく、パーフェクトだ」とお返事いただきました。





<以下、以前徒然鳥日記で取り上げましたがほぼそのままこちらでも再掲載します。>

最近関心がもたれてきており、今後全国各地で観察されると思いますすので、オオソリハシシギの飛んでいる時、下背を注意してみてください。
白っぽいのですぐわかると思います。


まず通常オオソリハシシギは2亜種に分けられ、学者によったら3亜種に分けられるようです。
(最大では5亜種説)

L.l.baueri  日本に主に渡来している亜種  背はダーク 
      アラスカで繁殖しニュージーランド、東オーストラリアで越冬

L.l.lapponica  背は白い スカンジナビアで繁殖し ヨーロッパで越冬

L.l.menzbieri  この亜種が学者によったら追加される亜種背は上記亜種の中間lapponica に近く背、腰は白っぽい。東シベリアで繁殖し、北西オーストリアで越冬。この亜種が最近日本で観察撮影されるようになってきています。以前から渡来していると思いますが、あまり関心がもたれていなかったため見過ごされていたのではないかと思います。

分布については、今後も研究の余地があると思います。

日本鳥類目録改定6版よるとmenzbieri の記録があるようで宮古島、石垣島で記録があるようです。和名はコシジロオオソリハシシギ となっています。
日本ではおそらく3亜種説を採用していると思われます。

日本の古い大図鑑にも記載があります。
増補改訂版 日本鳥類大図鑑Ⅱ 清棲幸保  昭和40年

注意 一部図鑑でL.l.lapponica にコシジロオオソリハシシギと書かれていますが正確には、L.l.menzbieri がコシジロオオソリハシシギです。

日本で正式に記録があるのはL.l.baueri とL.l.menzbieri であり基亜種L.l.lapponica の記録はありません。
(もしかしたら稀に渡来しているかもわかりませんが、L.l.lapponicaの正式な記録はないということだけ知っておいてください)
稀に記録があるのはL.l.menzbieri です。




下背、翼下面がほぼ真っ白だと基亜種 L.l.lappponica の可能性が出てきますが、L.l.menzbieri は、白いながらも褐色の班点があり真っ白ではありません。


詳しい画像はこちらのサイトにあります。こちらのサイトの方とオーストラリアの方がこの亜種L.l.menzbieri について研究されています。 Study species にオオソリの亜種の記事があります。


Shorebird research in New Zealand and the East-Asian Australasian Flyway

Study species





日本での記録は、こちらのサイトに素晴らしい画像が掲載されています!

KX2_Birderさんのブログ  鳥・撮り・トリミング


koichi_78さんのブログ  風の色を探しに・・・ 



ちなみにもっと細かく亜種を分けている本もあります。「 Geographical Variation in Waders 」 では5亜種に分けられています。




c0071489_22314369.jpg


下背、腰が白く、黒い斑がある。この箇所が真っ白であれば、ヨーロッパのL.l.lapponica
の疑いがでてくるが、この個体は真っ白ではなく黒い斑があり、L.l.menzbieri (コシジロオオソリハシシギ)ということがわかります。
日本に通常渡来しているのは、L.l.baueri で下背は茶褐色でこんなに白くはありません。
飛翔をみればわかりやすいです。
私が観察したこの個体は、大胆にも?下背をわかりやすく見せてくれて休んでいたので
おやっとすぐ気づきました。


c0071489_0502576.jpg
c0071489_050344.jpg


c0071489_22315457.jpg






c0071489_2232318.jpg



c0071489_2254715.jpg
c0071489_226180.jpg
c0071489_2261245.jpg
c0071489_2262126.jpg
c0071489_2262842.jpg


もう一つ重要な識別点は、翼下面、脇羽です。ここもL.lbaueri と L.l.lapponica(基亜種)
との中間のはずで、白っぽいはずなのですが、撮影できませんでした。
これから観察する方は、是非、下背、腰、翼下面、脇羽 をチェックしてください。

まだまだこの亜種の情報は少ないので、どの位個体差があるのかもわかりませんので
注意深く観察しましょう!
撮影できた方は教えてください!
by shorebirds-waders | 2007-09-13 22:32 | (コシジロ)オオソリハシシギ | Comments(8)