ツルシギ 4  Spotted Redshank

徒然鳥日記 My another site
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックすると世界中のいろんなサイトがみれます






A個体
c0071489_640276.jpg

ツルシギ  Tringa erythropus
2006年5月12日

成鳥夏羽                              adult summer


c0071489_64035100.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

成鳥夏羽                              adult summer

上と同一個体

c0071489_6404317.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

成鳥夏羽                              adult summer

正面顔
上と同一個体
後ろはキアシシギ















B個体
c0071489_6554671.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年4月24日

成鳥夏羽 →冬羽                        adult summer → winter 

成鳥の冬羽から夏羽に換羽中の個体。残っているのは幼羽ではなく冬羽。
幼羽ではもっと摩耗している。                   
















C個体
c0071489_7135364.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

第一回夏羽                           first summer


c0071489_714352.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

第一回夏羽                           first summer


c0071489_7141171.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

第一回夏羽                           first summer


初列風切、小雨覆に摩耗した幼羽が残る。この個体は3世代の羽が見られる。
夏羽、冬羽、幼羽が見られる。
最初この個体を見たとき小雨覆が摩耗が激しく第一回夏羽ではないかと見ていました。
何とか初列風切が見えないかと羽繕いするところを狙っていました。思ったとおり、初列風切に摩耗した幼羽が残っていました。

第一回夏羽の写真は、海外の写真集でも見たことはありません。もちろん国内でも。この画像は結構貴重な画像です。

第一回夏羽の識別は本当に難しいです。残っている幼羽は少ないですし、意識してみないと
わかりません。第一回冬羽までなら或る程度経験をつめばわかってきますが、第一回夏羽は今までは本当はバンダーの方の領域だと思います。ただ現在はデジスコやデジ眼などで大きく或る程度鮮明な画像が撮れるようになってきたのでこれかもっとわかってくると思います。
今は鳥の世界も大きな転換期だと思います。(私だけそう思っているのかな~??笑)


c0071489_23445157.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

第一回夏羽                           first summer

上と同一個体

初列風切が5枚ほど見えていますが、摩耗して茶褐色になっているのがよくわかります。



















D個体
c0071489_7305660.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

第一回夏羽?                           first summer ?

この個体は難しい個体です。 一見成鳥夏羽のようにみえますが、細部を検証すると第一回夏羽のようです。



c0071489_731857.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

第一回夏羽 ?                          first summer ?
 

c0071489_7312496.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

第一回夏羽  ?                         first summer ?


c0071489_7313468.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

第一回夏羽  ?                         first summer ?

初列風切が摩耗しており幼羽が残っているうようです。
尾羽も幼羽が残りやすい部位ですが、この個体は外側尾羽が摩耗し幼羽が残っていると思います。先端が摩耗しているため。ただ、もしかしたら冬羽かもわかりません。
















E個体
c0071489_7502848.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

第一回夏羽                           first summer

この個体は、比較的わかりやすい個体。
夏羽、冬羽、幼羽と混在している。
肩羽、小雨覆に一部摩耗した幼羽が残る。初列風切も茶褐色で幼羽が残る。


c0071489_7503718.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

第一回夏羽                           first summer

















F個体
c0071489_943241.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日



c0071489_944035.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

成鳥 夏羽                                 adult summer ?

この個体は夏羽に換羽中の成鳥だと思います。



c0071489_9211555.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

成鳥  ?                             adult ?


初列風切もそれほど摩耗がみられないので、成鳥だと思っています。


c0071489_9304937.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

成鳥  ?                             adult ?

中央尾羽は夏羽に換羽している。外側の尾羽は幼羽ではなく冬羽のように思います。
先端の摩耗が少ないため。


c0071489_9212451.jpg

ツルシギ Tringa erythropus
2006年5月12日

成鳥 ?                             adult ?



注意
成鳥夏羽の換羽中の個体と第一回夏羽の個体の識別、まだまだよくわからないことが多いです。CとE個体は第一回夏羽に間違いないと思っています。
もっとサンプルを増やしさらに検証していきたいと思います。





人気ブログランキングに登録しました。クリックしていただけたら励みになります!人気blogランキング
by shorebirds-waders | 2006-08-17 06:42 | ツルシギ Spotted Redshan | Comments(6)
Commented by feigao at 2006-08-17 16:23
真っ黒なツルシギ、未見ですが羽の模様と目の周りの白いふち、下嘴の色がが印象的ですね(^^)
第1回夏羽の写真は貴重なのですか!! ありがたく拝見させていただきます♪
Commented by shorebirds-waders at 2006-08-18 00:19
ツルシギは近年減少の著しいシギの一つでしょうね。観察できる場所は少なくなっていますね。
第一回夏羽の画像は、デジスコの力で細かい細部までチエックできるようになりましたが、フィルムカメラの時代はこんなに大きく写せなかったですからほとんどみんな諦めていたとと思います。しかもあまりそこまで注意してみてる人もすくなかったと思います。

デジスコによって、こんなに大きく鮮明に撮れるようになったのでこれからもっともっと今までよくわからなかったことがわかってくるのではないかと思います。
Commented by KX2_Birder at 2006-08-18 20:27
真っ黒なツルシギいいですね~!
ことしの春は、けっこうツルシギを見ることができました。

ツルシギって減少してるんですか!?
好きなシギのひとつなんですけど、残念ですね~!
Commented by shorebirds-waders at 2006-08-19 02:03
ツルシギは、おもしろいですよね!夏羽が黒くなるなんて何故なんでしょうね?不思議だ~

大阪では、淡水性のシギは見ることができる環境がほとんどないので
ツルシギも滅多に見られません。いつも遠征してみています。残念。
Commented by とりっ子 at 2006-08-19 19:19 x
はじめまして!最近このサイトを知り、驚愕いたしております。
すごい! こんなにも沢山の写真と、識別に関しての記述を、太っ腹で載せていらっしゃる(しかもとても丁寧で、謙虚な感じの)方がいらしたとは。

しばらく、過去ログを読みふける毎日が続きそうです。
とても感動しましたので、一言コメントさせていただきました。
これからも、どんどん「新しい発見」を教えて下さい。楽しみにしています。
Commented by shorebirds-waders at 2006-08-19 22:13
とりっ子さん

こんばんは!ありがとうございます。
とても嬉しいコメントをいただき、ますます頑張らねばとやるきがでてきます!笑
コメントを残していただけるかたは少ないのでこのようなコメントいただけるとブログをつくって良かったと思います。

まだまだ鳥のことはわからないことだらけだと思います。なにより疑問を持つことが大切で、自分が疑問に思った謎を自分なりの観察や視点で解決していくところに、野鳥観察の醍醐味があると考えています。

いや~それにしてもこんなコメントをいただけるとは、今日は良い日になりました!笑

<< トウネン 6 Red-nec... ツルシギ 3 Spotted ... >>