コアオアシシギ2 Marsh Sandpiper2 / Tringa stagnatilis


徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます
このブログの順位もあがるかもわかりません、応援よろしくお願いいたします!

 ↓Please go to photos pages of species by click.
Species Index
今までの掲載画像一覧です!




c0071489_0381624.jpg

コアオアシシギ (右) エリマキシギ 幼鳥(左)
Tringa stagnatilis
2007年10月1日
幼鳥 → 第一回冬羽                             juvenile → first winter


c0071489_0384143.jpg



c0071489_039692.jpg

コアオアシシギ (右) Tringa stagnatilis
2007年10月1日
幼鳥 → 第一回冬羽                             juvenile → first winter

肩羽、上背が冬羽に換羽している。雨覆、三列風切など幼羽が残る。

c0071489_0392894.jpg

コアオアシシギ (右) Tringa stagnatilis
2007年10月1日
幼鳥 → 第一回冬羽                             juvenile → first winter


c0071489_0395719.jpg

コアオアシシギ (右) 
Tringa stagnatilis
2007年10月1日
幼鳥 → 第一回冬羽                             juvenile → first winter


c0071489_0403919.jpg

コアオアシシギ (右) 
Tringa stagnatilis
2007年10月1日
幼鳥 → 第一回冬羽                             juvenile → first winter












c0071489_9114760.jpg

左(left) コアオアシシギ Tringa stagnatilis juvenile → first winter 2007年10月1日

右(right) アオアシギTringa nebularia juvenile
2005年9月8日

c0071489_9115981.jpg

幼鳥において   アオアシシギとコアオアシシギの 中央尾羽の模様の違いがあります。
どの位それぞれバリエーションがあるのか知りたい。
尾羽の模様が識別点にもなるのかどうか?

シギの尾羽は年齢識別にも役立つ時がありますし、類似種との識別点にもなることがあるので、注意深く観察したい箇所です。

尾羽の模様は、成鳥と幼鳥ではことなるようです。(ただこのあたりも今後の課題として
撮影していきたい)
両種の尾羽を比較する際も幼鳥なら幼鳥同士の尾羽を比較しないと誤った結果を導き出す可能性がある。

コアオアシシギの場合、海外の文献によっては、第一回冬羽や第一回夏羽において、一部尾羽にも幼羽が残るという記述があり、実際野外で観察してみたい。

去年、ミズカキチドリを観察した場所で、コアオアシシギが越冬しました、その個体はいろんな方に撮影されており、画像をみると、第一回夏羽では、初列風切の摩耗がよくわかった(幼羽が残っていたということ)。
初列風切の摩耗は第一回夏羽では、重要な箇所だと思います。(摩耗の程度には個体差があるようですが成鳥よりは摩耗している。)





過去の画像
Marsh sandpiper 1
by shorebirds-waders | 2007-10-28 00:40 | コアオアシシギ Marsh Sandpi | Comments(0)
<< アメリカウズラシギ Pecto... キリアイ2 Broad-bil... >>