ツルシギ5  Spotted Redshank 5 / Tringa erythropus

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!

Birding Top 500 Counter
世界の鳥関係のサイトの人気ランキングです
クリックするといろんなサイトがみれます
このブログの順位もあがるかもわかりません、応援よろしくお願いいたします!

 ↓Please go to photos pages of species by click.
Species Index
今までの掲載画像一覧です









A individual

c0071489_9252085.jpg

ツルシギ
Tringa erythropus
2007年10月1日撮影
幼羽 → 第一回冬羽                        juvenile → first winter

ツルシギは、春の渡来は早く3月頃にはもうみられます。基本的に
春の方が多く、秋の渡来は少ないです。しかも秋は殆ど幼鳥で、成鳥の渡来は稀です。
私は秋に成鳥を観察したことはありません。関東で撮影された成鳥の摩耗した個体を
見たことがありますが、いつか自分の目で見たいものです。
(年齢識別をしているとそんな楽しみも増えます。秋の成鳥のツルシギは私にとっては
大珍鳥なのです!)

肩羽のグレー(白っぽい羽根)が冬羽、残りは幼羽。
体羽、胸、腹、脇なども部分的に冬羽に換羽し、白っぽくなっている。
新鮮な幼羽は胸の縦斑、腹、脇などの横斑(下面)がもっと密にあります。
下面はもっと黒く見えます。

c0071489_9253016.jpg




c0071489_22115881.jpg
c0071489_2212940.jpg
c0071489_22121924.jpg
c0071489_22123983.jpg


c0071489_2231451.jpg
c0071489_22315890.jpg


c0071489_22434799.jpg
c0071489_22435712.jpg
c0071489_22441035.jpg
















B individual

c0071489_22562457.jpg

ツルシギ
2007年12月11日撮影
佐賀県
第一回冬羽                                         first winter

まず最初に見るのは、日付です。12月に撮影していますので、幼羽もだいぶ摩耗してきています。茶褐色に色褪せているのが幼羽です。摩耗していない綺麗な羽根は冬羽です。

初列風切も摩耗して先が尖り気味で色褪せている。
上背、肩羽の一部が幼羽。

幼羽から第一回冬羽の換羽は部分換羽の為、このように12月でも部分的に幼羽を残して
換羽していきます。残った幼羽は12月ということもあり、日がだいぶたってきているので
摩耗してきています。

成鳥は夏羽から冬羽への換羽は完全換羽のため羽根を一新する。

有明海でこの1個体だけ越冬していました。


c0071489_22563346.jpg
c0071489_22564543.jpg
c0071489_2257668.jpg
c0071489_22571958.jpg
c0071489_22573077.jpg


c0071489_2333061.jpg


c0071489_23161097.jpg


中央尾羽が幼羽。
茶褐色に色褪せている真ん中の尾羽。










過去の画像
Tringa erythropus  ツルシギ
Spotted Redshank 1
Spotted Redshank 2
Spotted Redshank 3
Spotted Redshank 4
by shorebirds-waders | 2007-12-08 09:25 | ツルシギ Spotted Redshan | Comments(0)
<< オオソリハシシギ 6 Bar-... カラフトアオアシシギ Spot... >>