オグロシギ Black-tailed Godwit/Limosa limosa melanuroides

徒然鳥日記
日記みたいなブログをつくりましたよろしければご覧ください!


 ↓Please go to photos pages of species by click.

Species Index 1

Species Index 2
今までの掲載画像一覧です







8月21日に有明海で撮影したオグロシギ。
夏~秋の夏羽から冬羽の換羽状態のオグロシギの画像も
やはり稀少です。
幼鳥は1羽しかいませんでした。

Limosa limosa melanuroides

A individual
c0071489_11264674.jpg

オグロシギ
2008年8月21日
オス? 夏羽 → 冬羽                      male?
         breeding → non-breeding

まずはやはり分布図を確認します。ヨーロッパ、アジアに生息していることがわかります。
次にユーラシア大陸に広く分布していると、亜種があるのではないかと考えます。
亜種は日本の図鑑では残念ながら詳しくかいている本がないので、、海外の図鑑
「SHOREBIRDS」1986.Helm社などを参照します。

Limosa limosa islandica 分布はアスランドなど。体のサイズは、以下2亜種の中間くらい。翼は長くて、嘴は短い傾向。

Limosa limosa limosa分布は西ヨーローッパ、西アジア(西から東にかけてサイズは大きくなる)サイズは最も大きい。

Limosa limosa melanuroides分布は東アジア、日本なども。3亜種のなかで最も小さい。


3亜種いることがわかります。(この辺りは以前も書きましたが、何度書いてもいいと思うので書いています)

日本のオグロシギはヨーロッパのオグロシギとは別亜種なので、それだけで充分価値があることがわかります。アジアのオグロシギを情報発信すれば、ヨーロッパのシギチ好き、或いは研究者には
貴重な資料となります。

日本では分布の意識、亜種の意識が少ないと思います。それは日本で詳しい図鑑がすくなくて
調べようと思うと海外の図鑑に頼らないといけないからだと思います。しかも英語というのがまた一つの壁になるのでしょう。

はっきり言って英語ができる人は、絶対有利です!(私は得意ではないので勉強中です。笑)
若いバーダーは今の内に英語をみにつけていると、絶対将来役立ちます!
日本の図鑑には書いていないことが
海外の図鑑にはかいていますし、「目から鱗」状態でいろな知識が得られます。







c0071489_1127082.jpg

オグロシギ
2008年8月21日
オス? 夏羽 → 冬羽                      male?
         breeding → non-breeding

上と同一個体。
オグロシギの雌雄は測定値ではメスの方が大きい。野外では嘴の長さが一番わかりやすい
ようです。(ただし、難しい個体もいると思います。)
この個体は見たときから小さいなという印象と嘴が短いなと感じました。
おそらくオスと思われます。










B individual
c0071489_11272043.jpg

オグロシギ
2008年8月21日
夏羽 → 冬羽                               breeding → non-breeding
















C individual
c0071489_1127345.jpg

オグロシギ
2008年8月21日
夏羽 → 冬羽                               breeding → non-breeding

















D individual
c0071489_11274991.jpg

オグロシギ
2008年8月21日
夏羽 → 冬羽                               breeding → non-breeding


















E individual
c0071489_1128591.jpg

オグロシギ
2008年8月21日
夏羽 → 冬羽                               breeding → non-breeding



















F individual

juvenile
c0071489_11282590.jpg

オグロシギ
2008年8月21日
幼鳥                             juvenile

幼鳥ですが、このくらい綺麗な(摩耗の少ない)幼羽も珍しく、肩羽の模様も明瞭です。
このような明瞭な肩羽の幼羽は初めてのようなきがします。
九州は、成鳥のオグロシギも多く、この綺麗な幼鳥といい、本州とは渡りのコースが違う
個体群が渡来しているのではないかと少し疑問に感じました。

c0071489_11284076.jpg



c0071489_11285682.jpg


P6まで羽根の外弁に白斑があるのがわかります。
(P=初列風切)
6=初列風切の内側から数えて6番目





過去の画像
Limosa limosa  オグロシギ
Black-tailed Godwit 1
Black-tailed Godwit 2
Black-tailed Godwit 3
Black-tailed Godwit 4
Black-tailed Godwit 5
by shorebirds-waders | 2008-09-24 11:29 | オグロシギ Black-tailed G | Comments(0)
<< アカアシシギ3 Common ... オバシギ5 Great Kno... >>